2020/11/17

埼玉県川口市 川口神社の富士塚

287a4248

287a4252

287a4258

287a4256

287a4242

 

埼玉県川口市の川口神社を参拝しました。境内には浅間神社(富士塚)があります。

石碑には「富士」「登山」「参拝」と刻まれています。

意外と新しい富士塚で、昭和天皇即位を記念して 1929 年(昭和4年)に設置奉納されたそうです。

さらに2008年に撮られた写真を見ると、この碑だけの小さい塚でした。2014年(平成26年)に移築されて今の大きさになったようです。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020/11/13

【犬狼物語 其の五百三十三】東京都板橋区 常盤台天祖神社

287a3171

287a3166

287a3175

Img_4747

 

東京都板橋区のときわ台駅近く、常盤台天祖神社で七五三の撮影でした。

こちらには、「お犬さま」がいます。どうして?

どうやら、同じ区内の桜川御嶽神社のお犬さまの影響らしいのですが、お守りとして使われています。天祖神社の宮司が桜川御嶽神社の宮司も務めているそうで、それを聞いて納得しました。桜川御嶽神社のお犬さまは、3対ありますが、一番古いものは文化財に指定されていて、天祖神社のお犬さまはその姿を模したらしい。

お犬さまの解説や、撮影用のお犬さまのパネルなども用意されています。どうせなら、だれか石像でも奉納してくれたらなぁと思いますが。

そして、神社の弘化三年の狛犬の台座には丸い窪みがありますが、これは、昭和20年6月10日の空襲でできたものだそうで、空襲被害の遺構になっています。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020/11/12

令和3年(2021年)版、「旧暦棚田ごよみ」の販売開始

Photo_20201112072001

 

 令和3年(2021年)版、「旧暦棚田ごよみ」の販売開始です。

https://www.tanada.or.jp/tanada_goyomi/

今回の表紙は、山形県山形市の蔵王山田の棚田、秋の風景です。東北独特の稲杭が並んでいます。写真には映っていませんが、奥の方は下っていて山形市・上山市の市街地が広がっています。 

 

 新型コロナ禍によって、 私たちの生活は一変してしまいました。まさかこんな世界が来るとは、一年前は想像もしませんでした。
 ウ ィズ ・ コロナといわれる新しいライフスタ イルが模索されています。今まで、 あって当然のものだった人間の 「密」 が否定され、 経済活動を維持するためにソーシャルデ ィスタンスが必要とされるようになりました。疫病退散祈願だったはずの祇園祭を初めとして、 夏祭りや花火大会なども軒並み中止されました。どのようにライフスタイルを構築していけばいいのかわからなくなり、 混乱しています。少なくとも効率や便利さだけを求めた結果としての 「密」 の状態は、 考え直さなければならないのかもしれません。都会の 「密」 と対極にある農村や農業が再び見直されつつあるようです。
 また、 異常気象と言われて久しいですが、 近年の気象の変化で、 災害が多くなった気がします。
 こんな混乱した人間世界ですが、 太陽と月は何事もなく変わらず天空に輝いています。その規則正しさが、 人間に安心感をもたらすような気がします。だから時の為政者たちは、 世の中を安定させるためにも正確な暦を必要としたんだな、 と身をも っ て感じます。

「掬水月在手、 弄花満香衣」 ―水を掬すれば月手に在り、 花を弄すれば香衣に満つ―
という言葉があります。この言葉は、 もともとは中唐の詩人 ・ 于良史の 『春山夜月』 という自然を愛でる詩の 一節です。禅語として用いられる場合の意味としては、 『両手で水を掬えば、 天空の月さえもただちに私の掌の中に入って自分とい っしょになる。一本の菊の花でも手に持って楽しめば、 その香りが衣服に染み込んでくる。自分と月、 自分と花とは別物でありながら、 簡単にひとつになることができる、 真理を手にできる』 という意味のようです。
 水に月が映る描写は、 棚田を写真に撮っている私には 「田毎の月」 を連想させます。天空の月が田んぼの水の中で融け合い、 ひとつになる、 というイメージは素晴らしいものです。ただし、 そこには簡単なアクシ ョ ンが必要です。 手で水を掬わなければならないし、 花を手に持たなければなりません。つまり、 より自然との 一体感を得たければアクシ ョンが必要だ、 という意味ですが、 難しいアクシ ョ ンではありません。
 旧暦棚田ごよみも、 ただ飾っておくだけよりも、 実際に使ってみるというアクシ ョンを起こすことで、 「自然は自分の中に在る」 ことになるのではないかなと思います。
  「旧暦棚田ごよみ」 は太陽暦 (新暦) に慣れている人にとっては、 正直使い づらいものです。でも、 使い づらい ことが、 かえって日付や季節や月の満ち欠けを意識させてくれます。その気づきがアクシ ョ ンにつながるのではないでしょうか。
(Prologueより)

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020/11/10

【犬狼物語 其の五百三十二】埼玉県和光市 新倉氷川八幡神社

287a2751

287a2748

287a2760

287a2749

287a2756

287a2758

 

埼玉県和光市の新倉氷川八幡神社です。七五三&お宮参りの撮影で参拝しました。

ここには、境内社として御嶽神社が鎮座するという情報があったのですが、他には見当たらず、「富士嶽浅間大神」の石碑と狛猿の像はあって、この浅間神社のことだったのかもしれません。

そしてこれは前情報になかったのですが、拝殿前左に子宝犬の石像、右に福招猫の石像がありました。どちらも現代的意匠で新しいものです。

子宝犬は、3匹の子犬を抱っこした母犬が横たわっている像です。だいたい子宝犬は、撫でられるので、ここの子宝犬も、ちょうどいい高さ(腰の位置)の台座に置かれていました。

ところで、この神社での儀式ですが、拝殿でご祈願をしたあと、本殿を3周し、本殿裏側の板塀に榊を差し込むというのが昔からの習わしだそうです。意外とこのあたりには古い伝統が残っているようです。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020/11/06

群馬県太田市 冠稲荷神社

Img_4034

Img_4040

Img_4038

Img_4044

Img_4042

287a1790

群馬県太田市の冠稲荷神社を参拝しました。

日本七社(日本七稲荷)のひとつだそうです。この前は、日本三大稲荷(あるいは日本五大稲荷)のひとつ、東松山市の箭弓稲荷神社を参拝したばかりです。

どうも最近、お稲荷さんに呼ばれているようです。

境内にはたくさんの狐像。いろんな像が点在していて見飽きないですね。

ところで、境内には日本一の大きさといわれる県指定天然記念物の樹齢400年、縁結びの木瓜(ボケ)があります。開花の時期は3月中旬~4月初旬頃なので、残念ながら今は地味な存在です。

「木瓜」と見ると、中国語の「ムーグワ(木瓜)」を連想してしまいます。南国シーサンパンナにはムーグワがたくさんありました。ムーグワとは、パパイヤのことです。日本語と中国語で意味が違います。どうして?

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020/11/05

埼玉県久喜市 菖蒲町下栢間の富士塚古墳

287a7547

287a7540

287a7543_20201103083301

 

埼玉県久喜市の富士塚古墳に寄ってみました。

これは「栢間七塚」と呼ばれる栢間古墳群を構成する一基だそうです。 

一辺10mの方墳で、階段が付いています。

古墳頂上に立つ石碑の表には蚕影大神、木花佐久夜姫、豊受姫神、裏には、明治二十■■■と刻まれています。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020/11/03

埼玉県東松山市 箭弓稲荷神社の狐像

287a8823

287a8802

287a8807_20201103063701

287a8812

287a8832

287a8834

287a8838

287a8815

287a8813

 

 

埼玉県東松山市の箭弓稲荷神社を参拝しました。

社殿は、天保十四年(1842)に竣工したもので、埼玉県の有形文化財に指定されています。「拝殿水引虹梁上丸彫り彫刻 目貫龍」も立派なものです。両目がくり貫かれた龍の木彫です。

wikiに「 まれに日本三大稲荷や日本五大稲荷の一つとされることがある」とあるように、けっこう大きな稲荷神社だし、多くの狐の像は見ごたえがあります。

拝殿内に奉納されている狐像は木彫でしょうか。それとお犬さまでは?と思わせるフォルムの狐像もありました。尻尾が直立していて狐像なんでしょうが、丸っこい体つきは狼というより和犬のようです。

それと、マスコットの「やっくん」「きゅうちゃん」像。

バット絵馬掛けというのがありましたが、これも「箭弓(やきゅう)」から来ているんでしょうね。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020/10/26

テレビ朝日「食彩の大国」で、姨捨の棚田「田毎の月」の映像

Ta_30

 

テレビ朝日「食彩の大国」2020年10月31日(土)午前9:30~9:55

今回、第855回< 新米 > では、長野県千曲市姨捨で、「先祖代々棚田を守ってきた名月会のみなさんを中心に、困難を乗り越え、全国からオーナーが集まる人気の棚田になるまでのストーリをが紹介」されるそうです。 

その中で、姨捨の棚田で撮った「田毎の月」の映像(動画)も使われる予定です。

「田毎の月」とは?

「田毎の月」という日本人の心象風景(2013/05/22) 

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020/10/24

昨日から二十四節気「霜降」、七十二候「霜始降(しも はじめて ふる)」

161004_2

 

昨日(2020/10/23)から二十四節気「霜降」、七十二候「霜始降」です。

霜が降り始めるころです。

いよいよ秋なんだなぁと思いますが、今年はまだ霜を見ていません。写真は、長崎県の大中尾の棚田の稲刈り風景です。

ところで、七十二候は、日本では「霜始降」ですが、中国では「豺乃祭獣(さい すなわち けものをまつる)」です。(Wiki参照)

「山犬が捕らえた獣を並べて食べる」という意味です。wikiでは豺を「山犬(狼)」と訳していますが、これがなかなか難しい。狼と犬について調べている中でわかってきたことです。

というのも、江戸時代、豺と狼とは違う動物と認識されている本もあるし、同じと認識されている本もあるようなのです。

 

 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2020/10/20

羽田神社の富士塚

Img_2351

Img_2355

 

 

羽田神社を参拝しました。

羽田空港へ向かう京急線の大鳥居駅で降りて、徒歩約8分。多摩川を越える橋の手前に鎮座します。

「羽田神社」だからでしょうが、絵馬にも飛行機の絵が描かれているし、書かれた願い事も航空関係のものが多いようです。神社のリーフレットにも、「羽田の氏神様 航空安全・病気平癒・えんむすび・安産祈願」とあります。

この神社には、「羽田富士」と呼ばれる富士塚があります。大田区の富士塚はここだけだそうで、これは明治初年に築造され、大田区文化財に指定されています。塚の一部には、溶岩が用いられ、登山道には合目石も置かれています。狭いながらもちゃんと頂上まで上り、浅間神社にお参りすることができます。

毎年7月1日には山開き神事が行われていたそうですが、一時中断していました。平成25年に富士山が世界文化遺産に登録されてから、神事が再会されているようです。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

«今日から二十四節気「寒露」、七十二候「蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)」