2020/01/22

楽風の瓦屋根葺き替え工事(02)北面の屋根

 

先日は、埼玉県さいたま市浦和区にある 日本茶喫茶・ギャラリー楽風の瓦屋根葺き替え工事(01)南面をアップしましたが、今日は(02)北面の屋根の作業様子です。

1/14(火)~24(金) 、工事に伴い休業中。(天候により変更の可能性あり)

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020/01/20

今日から二十四節気「大寒」、七十二候「款冬華(ふきのはなさく)」

 

今日からは二十四節気の「大寒」、七十二候「款冬華」です。

二十四節気第24番目が「大寒」。寒さが一番厳しい時期です。でもこの暖かさは何でしょうか? 昨日は、さいたま市の大宮公園にヴィーノを連れて散歩に行きましたが、日中は12度くらいまで上がって、まるで春が来たようです。ヴィーノもじっと春の兆しを見つめているようでした。

今年は暖冬だと言っていますが、本当にそうですね。これだけの暖冬は、今までなかったのではないでしょうか。

「大寒」はもはや暦の上だけの話です。でも、もともと「大寒」にあまり暗さを感じないのは、次に「立春」を控えているからでしょうか。

寒さも極まれば、あとはだんだん暖かくなるだけ。その春への期待も込められているからかもしれません。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020/01/17

日本茶喫茶・ギャラリー楽風の屋根瓦の葺き替え工事始まる

 

Img_9352

Img_9333

Img_9339

Img_9342

 

埼玉県さいたま市浦和区にある 日本茶喫茶・ギャラリー楽風は、2020年1月14日(火)~24日(金)まで休業中です。(天候により変更の可能性あり) 

楽風の建物は旧中仙に面した青山茶舗のお茶の保管倉庫として使われていたもので、1階を喫茶、2階をギャラリーとして1991年にオープンしました。ここで俺は過去数回写真展を開かせてもらっています。

ギャラリー部分の壁が土壁で畳敷き、アジア・日本の風景の写真展が多かったので相性は良かったのです。俺の写真よりも、この土壁を誉めるお客さんも少なくありませんでした。いや、実際建物自体の価値は高いのです。

そして今回、2階の瓦屋根葺き替え工事を行うことになりました。

1月14日には足場が組まれ、16日からは、実際に瓦や瓦の下の土を下ろす作業が始まりました。楽風の建物は貴重な文化遺産なので、昔の瓦葺の屋根がどうなっているのか、そしてそれをどのように新しいものにしていくのか興味があったし、青山さんの希望もあって一連の工事を記録することにしました。

とりあえずは、16日の南面の屋根の作業の様子をアップします。

 

(2020年1月22日、(02)北面の屋根の作業をアップしました)

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020/01/15

オリジナル音楽アルバム『棚田水景』『ASIAGE 1』『ASIAGE MARCH』

Asiage_1 Asiagemarch Photo_20200115095901

 

オリジナル音楽アルバム『ASIAGE 1』『ASIAGE MARCH』『棚田水景』を久しぶりに購入していただきました。数年ぶりではないでしょうか。

もともとは自分の写真展のために作曲したBGMでしたが写真よりも好評のときも(苦笑)。パソコンで作った民族音楽ふう曲が主で(とくにASIAGEは)、エスニックなサウンドだと思っています。(だから自分の写真展で流したわけですが)

こちらのページからサンプル曲の一部が聴けます。

http://www.asia-photo.net/asiage/asiage.html

久しぶりで聴き直してみると、よくこんな曲が作れたなぁと凝ったものもあって、自分で驚いています。

90年代は、テープでしたが、そのうちCDになり、そして今はデータ販売です。これも時代の流れを感じます。

前回、新曲を出したのが数年前でしょうか。これはヴィーノを歌ったものです。主人を思う犬の立場(?)で作った曲です。YouTubeにアップしています。

https://youtu.be/uXRQ7WPCHxo 

久しく作曲はしていませんが、たまに脳内に音楽が聴こえてくることがあります。耳鳴りと言えば、耳鳴りかもしれません。耳鳴りを譜面にすると音楽になる、といった感じでしょうか。これも無意識からのメッセージで、「夢」や「写真表現」と基本は同じと言ってもいいでしょう。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020/01/14

【犬狼物語 其の四百三十六~四百三十七】東京都台東区 下谷三峯神社&小野照崎神社の三峯・御嶽神社のお犬さま

Img_8967

Img_9018

Img_8991

Img_9035

 

東京都台東区の下谷三峯神社と小野照崎神社の三峯・御嶽神社を参拝しました。

夜のお犬さまです。提灯の明かりがある正月ならではの姿。夜こそはお犬さまが動き出す時間です。

以前の記事は、【犬狼物語 其の百五十九~百六十】でどうぞ。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020/01/10

【犬狼物語 其の四百三十四~四百三十五】埼玉県蓮田市 閏戸 久伊豆神社の御嶽社&埼玉県上尾市 瓦葺 氷川神社の三峯神社

Img_8840(閏戸 久伊豆神社)

Img_8874(閏戸 久伊豆神社の御嶽社)

Img_8857(閏戸 久伊豆神社の獅子頭)

Img_8854(閏戸 久伊豆神社の獅子頭)

Img_8921(瓦葺 氷川神社)

Img_8933(瓦葺 氷川神社の三峯神社)

 

狼信仰の神社を参拝。 

埼玉県蓮田市の閏戸 久伊豆神社の御嶽社と上尾市の瓦葺 氷川神社の三峯神社の記録写真をアップしておきます。

 かつて閏戸 久伊豆神社は2社あって、旧122号線を挟んで「東の宮」「西の宮」が祀られていました。現在の神社は「西の宮」です。

 境内には、御嶽社が祀られていて、他に、石の獅子頭が残されています。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020/01/09

【犬狼物語 其の四百三十一~四百三十三】埼玉県伊奈町 小針神社&小室氷川神社の御嶽社&白岡市 白岡八幡宮の三峰神社

Img_8783(小針神社の御嶽山)

Img_8915(小室氷川神社)

Img_8895(小室氷川神社の御嶽社)

Img_8832(白岡八幡宮)

Img_8826(白岡八幡宮の社殿)

Img_8818(白岡八幡宮の三峰神社)

Img_8802(白岡八幡宮の神馬神社)

Img_8798(白岡八幡宮)

 

埼玉県伊奈町と白岡市の狼信仰の神社を参拝。

伊奈町の小針神社と小室氷川神社の御嶽社、白岡市の白岡八幡宮の三峰神社の記録写真をアップしておきます。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

【犬狼物語 其の四百三十】埼玉県朝霞市 岡 氷川神社の御嶽山神社

287a1276

287a1288

287a1284

287a1285

 

埼玉県朝霞市の岡 氷川神社の御嶽山神社を参拝しました。

氷川神社は、岡村・根岸村・溝沼三村の鎮守として祀られていたそうです。

境内社として、八幡神社・三宝荒神社・水天宮・稲荷神社・猿田彦大神・菅原神社・天満宮・須賀神社・御嶽山神社がずらりと並んでいます。

御嶽山神社の碑の隣の立て札には、

「本社は奈良の芳野山系に位置する金峰山の蔵王堂の中心する聖地で平安時代に開山された火除け・家運隆昌・五穀豊穣の神とされています」

とあります。青梅市の武蔵御嶽神社は、奈良時代、金剛蔵王権現を安置して蔵王信仰の中心となり、鎌倉時代は、「金峰山御嶽蔵王権現」として武将たちに信仰されました。

神社の関係者の話では、明治39年の神社合祀政策によって各地に祀られていた神社を合祀したそうで、この御嶽山神社がもともとどこの集落にあったか、今ではわからないそうです。

少なくとも、岡地区には現在御嶽講はないそうです。もしあるとしたら、溝沼地区に御嶽講があるかもしれないとのことでした。

ところで、立て札の下に置かれていた茶褐色の石には、「御嶽」の文字が見えましたが、これは気になりました。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020/01/08

#IranianCulturalSites というハッシュタグ

04_20200107180601

01_20200107180601

Photo_20200107180601

Photo_20200107180602

02_20200107180601

01_20200107180603

01_20200107180602

イランとアメリカの緊張が高まっています。イランの文化施設も攻撃対象だとトランプが言い出したのを受けて、Twtterでは、#IranianCulturalSites というハッシュタグが立ち上がりました。多くの人がイランの美しい建築物や風景をシェアしています。 

トランプがそんなことをしたら、バーミアン遺跡の仏像を破壊したタリバンと同じ。でも、この何年かを見ていると、本当にそうするのではないかと感じさせる人物ではあります。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020/01/07

まなびJAPANの連載「狼信仰」第10回:東北の山津見神社

1_20200105164001

まなびJAPANの連載「狼信仰」の第10回は、「東北の山津見神社 」です。飯舘村に本社が鎮座する山津見神社は、狼(御眷属)の天井画で有名です。詳しくは、こちらでお読みください。

https://manabi-japan.jp/culture/20191231_17504/ 

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

«今日から二十四節気「小寒」、初候「芹乃栄(せりすなわちさかう)」