« 荒川静香選手とシャニー・デイビス選手の金メダル | トップページ | マダガスカルの旅(2) バオバブ »

2006/03/31

マダガスカルの旅(1) シファカ

「柿の実がなり、コスモスが咲いて、田んぼでは稲刈りの真っ最中・・・」

この文章だけ読んで、マダガスカルをイメージする人は、たぶんいないでしょう。もちろん、これは日本と似ている部分だけを描写したので、当然と言えば当然ですが。でも、嘘ではないんです。

マダガスカルの旅から戻りました。

ブログは1ヶ月留守にしてました。現地のインターネット環境は噂通りよくありませんでした。1回だけ、アンチラベから更新しましたが、日本語を打てませんでした。ローマ字の文章なんて読む気がしないでしょう? だから現地から更新するのをあきらめました。

しばらくは日本ですので、当面は、このマダガスカルの旅について書いていきたいと思います。よろしく。

最初に書いた文章の通り、ちょうど今稲刈りの最中でした。日本で言う「秋」ですね。赤道の南側で、季節は日本と逆になります。雨季(の終わり)ですが、標高が1500m前後の中央高地は、爽やかで、湿気と蚊に悩まされることもありませんでした。(ただ、蚊の話はまた後日やります。まったく問題が無かったとも、今のところ言えないので)

060331_2
「マダガスカル」と聞いて思い浮かべる言葉はなんでしょうか?

珍しい動物たち、レムール(キツネザル)、バオバブの木、貧困、病気などなど。

今日はマダガスカル旅行記第1回目なので、期待に答えて、マダガスカルのイメージ通り、レムールの写真を掲載します。これはマダガスカル西部、キリンディー公園の野生の「シファカ」。ジャングルを2時間歩いて(歩かされて)、ようやく出会った「シファカ」でした。突然目の前に現れるのでびっくりしてしまいます。急いでカメラを出して構えました。

「シファカ」君は、木に寄りかかって楽しそう。こっちは汗だらだらで撮影に必死なのに。涼しい顔して、人間様(俺と妻、現地ガイドと、フランス人旅行者)を観察しておりました。


  ☆☆☆☆☆☆

ランキング参加しました。よかったら、クリックして投票お願いします。Banner_01
にほんブログ村 写真ブログへ

|

« 荒川静香選手とシャニー・デイビス選手の金メダル | トップページ | マダガスカルの旅(2) バオバブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78642/9357632

この記事へのトラックバック一覧です: マダガスカルの旅(1) シファカ:

« 荒川静香選手とシャニー・デイビス選手の金メダル | トップページ | マダガスカルの旅(2) バオバブ »