« 飲酒運転について | トップページ | 『中央公論』10月号にイラン・マースーレの写真掲載 »

2006/09/12

斎藤佑樹投手の話

060912
(写真はマダガスカルのカメレオン)

「ハンカチ王子」こと、斎藤佑樹投手が大学進学を決めました。ヨンさまと同じような香を漂わせながら、相変わらずもてはやされています。

俺は、甲子園で優勝したとき、彼の実力に拍手を送りました。今でも、それは変わっていません。ただ、その後の、まわりのもてはやし方には、ちょっとついていけないものを感じます。もてはやされたことのない俺のひがみ根性だと言われても仕方ありませんが。実際、ひがみがまったくないと言ったら嘘になります。確かに、あります。

「ハンカチ王子」にする教育方法が注目されているそうです。でも、同じ家庭環境に育ったとしても、違った性格になるのは、兄弟姉妹を見ればはっきりしているでしょう。いくら、彼の家庭のように教育しても、彼のような若者にはなかなかならないんです。やっぱり、彼のもともと持っている素質というか、性質だからそうなっただけで、教育を受けても、努力しても変わらない部分はあるわけです。それこそ「個性」と「運」ですよね。

そして、仮にその教育方法で、青年がみんな彼のように、爽やかで、礼儀正しく、素朴な人になったらどうですか? 気持ち悪いでしょう、そんな世の中。いろんな人間がいるからいいのであって、いわゆる「いい人」だけで構成される社会なんて、そもそもありえないし、あったら怖いです。

個性や才能は、教育や努力でどうなるものでもない部分を含んでいます。(100パーセントとは言ってないですよ) 俺もいろんなコンプレックスを抱えているので、よくわかります。努力すればどうにかなると思いたい。でもそうではない。辛いですが、それが現実です。

みんな斎藤投手と比べられ始めている中学生、高校生は可愛そうです。どうして彼みたいにならなきゃなんないのか?と考えると思いますよ。そもそも親が斎藤投手のような人間じゃないのに、子どもにだけに期待するのはどうなんでしょうか。人と比べられるのが嫌だし、俺なら絶対反発しますね。きっと、わざと定職にもつかないで、旅する人になってやります。(あれ? なってるね)

Ya_2斎藤佑樹投手の話 2

Ya_2自爆テロ国家「北朝鮮」と、危ういトレンド国家「日本」


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキング参加中。クリックして1票お願いします。Banner_01
にほんブログ村 写真ブログへ

|

« 飲酒運転について | トップページ | 『中央公論』10月号にイラン・マースーレの写真掲載 »

コメント

外国から見ると、この日本での狂乱ぶり、こっけいに映るんではないですか? 笑ってください。

mihoさんが言うように、今のイジメは「異質なものへの拒否」ですよね。自分たちと違ったものは許さないという・・・。俺も「異質」の方の部類の人間なので、子供のころから孤立感みたいなものは感じていましたね。

投稿: あおやぎ | 2006/09/13 10:11

いつも写真&文章を楽しみにしています。
「ハンカチ王子」。この手の話題は海外在住だと疎くなります。で、ネットで調べてみました(笑)。
すごいことになってるんですね~!びっくり!
ちなみに私は三兄弟ですが兄弟それぞれ三人三様です。母は「皆、同じように育てたんだけどね・・・」とよく言っていました(苦笑)。
個性が大切、人と違って当たり前。そう思えなければイジメなどの問題も無くならない気がします。
爽やかBOYだらけの世の中・・・やっぱりアウトローもいて欲しい!!!

投稿: miho | 2006/09/13 06:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78642/11870166

この記事へのトラックバック一覧です: 斎藤佑樹投手の話:

« 飲酒運転について | トップページ | 『中央公論』10月号にイラン・マースーレの写真掲載 »