« 「正しい和食」認証制度に反発 (2) | トップページ | クリスマスの奇跡 処女懐胎したコモドドラゴン »

2006/12/22

安倍総理会見の後ろの絵(再び)

061222
再び、安倍総理記者会見のときに後ろに見える絵についてです。

以前、首相官邸に電話して聞いたことは「安倍総理会見の後ろの絵」(2006/11/19)に書きましたが、この絵に関して、ネットでも話題になりつつあるようです。ただ、絵そのものについては、あまり評判がよくないようです。

絵を描いた岸田さんとは別に知り合いでもなんでもないので、彼の肩を持つ必要もないのですが。とにかく素直な絵だとは思いますよ。

どうも棚田のことになると、冷静さを欠くようで(病気なんです)、「良くない」と言われると、俺が言われているような気がしてしまい、言われっぱなしでは不公平だと思ったので、もう少し調べてみました。

今度は、山口県長門市の安倍さんの事務所に問い合わせしました。描いた岸田さんというのは安倍さんの支援者だそうです。でも、この岸田さんについて、それ以上詳しいことはわかりませんでした。(今回はここまでにしておきます)

描いた場所は、棚田百選の場所「東後畑」とは離れていますが、安倍家のお墓がある高台から見た油谷湾だそうです。絵の中に町も見えますが、あれは油谷の町(コメントを寄せてくれたMТさんの情報で、掛淵という町だそうです)だったのですね。実在する風景でした。と、いうことは、安倍総理の会見は、先祖が眠るお墓の前でしゃべっているような格好になるわけです。

どうしてあの絵を飾っているのか? 安倍総理のスローガン「美しい国、日本」を意識して飾ったのか? 『ダヴィンチコード』のように(?)謎は深まるばかりです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキング参加中。クリックして1票お願いします。Banner_01
にほんブログ村 写真ブログへ

|

« 「正しい和食」認証制度に反発 (2) | トップページ | クリスマスの奇跡 処女懐胎したコモドドラゴン »

コメント

MTさん
ブログ拝見しました。
今年も中国・九州・四国へも行くつもりですので、ぜひ、また油谷へ寄ってみようと思います。そのときは、シロウオも。楽しみです。

投稿: あおやぎ | 2007/01/22 23:59

こちらこそどうも.
あの絵に描かれた掛淵川には早春,シロウオが遡上します.
地元の人が網で掬ったものが近在に出回ります.
卵とじ,みそ汁,躍り食い・・・いかがですか?

昨年,帰省したとき撮った棚田の写真でこんなブログ記事を作りました
http://site-tm.air-nifty.com/blog/2006/03/post_2797.html
(全体としては作りかけ,ほったらかしでかなり恥ずかしい,
今後手を入れるようにします)

投稿: MT | 2007/01/22 11:41

MTさん
丁寧なご説明、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。

投稿: あおやぎ | 2007/01/22 00:10

あおやぎさん

ありがとうございました.
絵は変わりましたね.
ところで,掛淵というのは旧油谷町を構成する一つの集落の名でございます.
ですから,あの絵の景色が油谷の町だとおっしゃってもまちがいではありません.
油谷という集落はもともとありませんです.旧油谷町の中心部(旧町役場や
JR山陰本線の駅(2つあるうちの大きい方)がある集落は,新別名といいます.

以上,ミクロな話しでした.

投稿: MT | 2007/01/21 19:26

正確にはわかりませんが。ここ何日か会見シーンには、桜の花らしいピンクの絵が出ているようです。季節によって替えるのかもしれません。だからまた田植え時期に復活、なんてことはないか。
そもそも安倍さんは、どれだけの数の絵を準備しているんでしょうね。

投稿: あおやぎ | 2007/01/20 00:21

 架け替えられていた…。そうだったんですかー。

 なぜか最近は、安倍首相の顔を見ないで後ろの絵ばかりをじっと見つめていたので残念。
 (遠くのほうで蝉が鳴いてるなぁ~。みたいな感じで会見やコメンテーターの話が聞こえてきていたような毎日が続いていたのですが…)

 ところで、別の絵の記憶がないなぁー。

 私にとっては油谷(掛淵の町)の風景が印象に残りましたし、好きだなー。

投稿: ○り | 2007/01/19 08:37

MTさん

コメント、ありがとうございます。あの絵の町は、油谷ではなくて、掛淵という町なんですか。知りませんでした。実際、この風景を見ていませんでしたが、MTさんの情報によって、やっぱり実在するんですね。
ところで、この絵は、最近架け替えられてしまったようですね。

投稿: あおやぎ | 2007/01/18 23:38

この項で話題になっている油谷の出身の者です.おじゃまします.
あの絵は,初めて見てすぐ,ああ,あの辺からみた絵だなと分かりました.自分もあの景色の中で育ってきたようなものです.百選の後畑棚田は雨乞山の北斜面・日本海側にあり,この絵は油谷湾に面する南斜面と,その麓に広がる掛淵川沿いの平野,そして油谷湾を描いてます.中央の川沿いの町は小さな漁港町で掛淵(かけぶち)といい,シラスの天日干しなどを見ることもできます.
ではまた.

投稿: MT | 2007/01/18 21:32

コメント、ありがとうございました。
私も、昨日「TVタックル」を見ていました。
首相官邸によれば、しばらくまだ同じ絵は飾っておくとのことだったので、これからも、ちょくちょく目にすることになるのではないでしょうか。

投稿: あおやぎ | 2006/12/26 18:44

 安倍さんの背中の棚田。
 ほぉ~。感心しました。
 青柳さんの「先祖が眠るお墓の前で…」というフレーズが特に気に入りました。時に、表現してくれる人や言葉でかなり違いがでるものですね。
 この言葉に感動したので、職場の皆さんに社内メールでお知らせさせていただきました。昨日の夜は「TVタックル」で何度もあの絵が登場したので、この話題になった家族が増えたのでは?と一人ニンマリしてました。(^_^)v

投稿: ○り | 2006/12/26 09:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78642/13158787

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍総理会見の後ろの絵(再び):

« 「正しい和食」認証制度に反発 (2) | トップページ | クリスマスの奇跡 処女懐胎したコモドドラゴン »