« チベット高原を舞台にした映画 『ココシリ』 (2) | トップページ | 初詣の雰囲気 »

2006/12/31

チベット高原を舞台にした映画 『ココシリ』 (3)

061231
『ココシリ』の映画の中で、北京から来た記者が、山岳パトロール隊と、ウサギのモモ肉を食するシーンがありますが、とても印象的でした。俺にも似たような体験があったからです。

昨日のブログにも書いたチベット人のガッデさんは、メコン源流から村へ帰る途中、友人の天幕住居に寄っていこうと誘いました。少しの時間ならいいだろうと、お邪魔しました。でも、なかなかガッデさんは腰を上げようとしませんでした。

村に帰りつくのが夜になってしまわないかと心配になって、俺が「時間がないよ」と腕時計を指さすと、「いい時計だね。いくらした?」と、彼はまったく時間など気にしてないようで、ヨーグルトやヤク肉を、他人の家とは思えないほど遠慮なくたらふく食っていました。

これがチベット人の習慣なのでしょう。いらいらしても仕方ないと、俺もついに諦めて、ガッデさんといっしょになって、ゴム・タイヤのようなヤクの干し肉をナイフで一口大に切り、チューインガムのようにクチャクチャとしばらく噛み続けても柔らかくならないので、結局は飲み込んでしまうということを、何度か繰り返しました。

映画でも食事のシーンが何度か出てきます。チベット人たちは、北京の記者のナイフの使い方を注意します。「ナイフの歯は自分の方に向けるんだ」と。たぶん、食事以外でも、人に歯を向けないというのが彼らの礼儀なのでしょう。だから向けるときは、よほどのときで、「敵意」を表すということではないでしょうか。

密猟者を何日も追いかけて、食料がなくなったとき、ウサギを獲って食べるのですが、皮を剥いだだけのモモ肉が記者に渡されます。生肉を食べるのです。最初、躊躇しますが、結局食べます。チベット人たちの中で記者が「お客」から「仲間」に変わった瞬間です。

「仲間」などというのは、こちらの勝手な思い込みなのかもしれませんが、でも、少なくともこういうとき食べ物を断らないほうが、彼らに近づきやすいとは言えるでしょう。(もちろん、食べられなかったら、断わりますが)

雲南や貴州では「ブタの生肉」がごちそうで、冠婚葬祭でだされます。そのとき、村人は、じっと俺の様子を観察しているのがわかります。食べると、嬉しそうです。拍手されることもあります。反対に、日本に来た外国人がナットウをおいしく食べるのを見ると、少し嬉しくなります。彼らと同じものを食べるのは、「腹を満たす」という実質的な意味ばかりではなくて、精神的な、一種「村入りの儀式」でもあるようです。

メコン源流の話に戻ります。

思わぬところで時間を食ってしまい、夕方になってしまいました。ガッデさんの友人宅を出て、ザナチュの川床を渡り向こう側の岸に上る。そこで俺が写真を撮っている間、10m離れたところでガッデさんはウンコをしていました。食い過ぎでしょうか。

また雲行きが怪しくなった空を忌ま忌ましく見上げ、再び馬にまたがりました。ガッデさんは、馬の脇腹を両足で思いっきり蹴ると、勢いよく走り出しました。彼からロープで引かれた俺の馬も走り出します。カメラは背負ったバッグの中でガタガタと踊りだし、俺の体の中は胃も腸もいっしょに混ざってしまうほど揺れました。

前日だったか、ヒツジの胃袋に詰めた牛乳を長時間コロコロ転がしていると、牛乳が分離してバターができると聞きましたが、まさにそのとき俺はバター製造器になっていたのです。

Ya_2チベット高原を舞台にした映画 『ココシリ』 (2)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキング参加中。クリックして1票お願いします。Banner_01
にほんブログ村 写真ブログへ

|

« チベット高原を舞台にした映画 『ココシリ』 (2) | トップページ | 初詣の雰囲気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78642/13270519

この記事へのトラックバック一覧です: チベット高原を舞台にした映画 『ココシリ』 (3):

« チベット高原を舞台にした映画 『ココシリ』 (2) | トップページ | 初詣の雰囲気 »