« 佐賀県クリークの旅 (4) 佐賀市の不思議 | トップページ | 佐賀県クリークの旅 (6) 桜の里公園 »

2007/04/12

佐賀県クリークの旅 (5) 吉野ヶ里遺跡

070412
吉野ヶ里遺跡のゲートを入ると、広大な敷地が広がっていました。ずいぶん広いなぁというのが第一印象。

インドネシア・ボロブドゥール遺跡も、ゲートから遺跡までかなり歩いたことを思い出しました。りっぱな公園として整備されていて、ちょっとやりすぎ?と、感じないこともありませんでした。もちろん、これは好みの問題であるかもしれないので、この整備された公園の方が「歴史」を感じる人もいるのでしょう。それはわかりますが・・・。

吉野ヶ里遺跡には、ふと同じような匂いを感じてしまいました。もちろん、遺跡そのものは、すごいなぁと思ったし、当時の人たちの暮らしぶりに思いをはせることができたので、それなりに楽しめたことは言うまでもありません。

当時は、有明海(もちろんそんな名前じゃなかったかもしれませんが)の海岸線がこの近くまで迫っていたといいます。だから、おととい、ブログにも書いた「有明物」を食していたのでしょうね。「くちぞこ」や「わらすぼ」などです。

「わらすぼ」を初めて「食べてみよう」と考えた人は、どういう人だったのでしょうか。ここの人たちは、もう食べていたのでしょうか。まぁ、「エイリアン」と似てるグロテスクな姿と感じるのは、今の文化の感覚であって、昔の人には「かわいい」と、いやそれよりも「おいしそうだ」と映っていたということなのでしょう。

(つづく)

吉野ヶ里歴史公園ホームページ


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキング参加中。クリックして1票お願いします。
Banner_01にほんブログ村 写真ブログへF_02人気ブログランキング【ブログの殿堂】

|

« 佐賀県クリークの旅 (4) 佐賀市の不思議 | トップページ | 佐賀県クリークの旅 (6) 桜の里公園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78642/14651880

この記事へのトラックバック一覧です: 佐賀県クリークの旅 (5) 吉野ヶ里遺跡:

« 佐賀県クリークの旅 (4) 佐賀市の不思議 | トップページ | 佐賀県クリークの旅 (6) 桜の里公園 »