« 映画 『ユナイテッド 93』を観て (1) | トップページ | 「石見銀山遺跡とその文化的景観」が世界遺産に »

2007/07/11

映画 『ユナイテッド 93』を観て (2)

070711
昨日に続いて、映画 『ユナイテッド 93』 についてです。

安全でなければならない空のシステムが、予想もしない自爆テロによって、もろくも崩れ去っていく様子が、映画では描かれていました。俺たちは、世界貿易センタービルを見て、「資本主義」「欧米主義」を象徴するような「物」の崩壊を目の当たりにしたわけですが、映画を観ると、「物」ばかりではなくて、「システム」(つまりは思想)も崩壊していたんだなということがよくわかります。

ビルに突っ込んだ飛行機を見る管制官や軍人たち。目の前で起こっていることが、今までの常識(思想)では理解できず、ただ見つめるだけ・・・。(実際の管制官・軍人が出演しています)

それにしても、システムから見放され、孤立無援の飛行機が、こういう状況になった場合、俺は、何ができるのだろうか?と思います。乗客たちがテロリストに立ち向かっていったのは、情報が得られたからです。システムに頼らない、自分で手に入れた情報です。

外部との電話で、航空機2機が世界貿易センタービルに突っ込んだこと。5機(本当は4機だった)がハイジャックされて、その1機がこの飛行機であること。そして、パイロットが殺されたこと。この情報があって、テロリストは死ぬつもりであることを判断し、飛行機を奪い返すことを決心するのです。

映画は、9.11のユナイテッド93便の話だけれど、「テロリストに立ち向かった英雄たちの話」といった単純なものではなくて、人が死ぬか生きるかのぎりぎりの状況に陥ったときの、「命のせめぎあい」を見ました。例えは悪いかもしれませんが、黴菌と白血球の闘いと同じものを見ているように感じたのです。

「生きるとは、こういうことなのだ」といったことを見せ付けられたような気がします。

『ユナイテッド 93』を観て(1)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキング参加中。クリックして1票お願いします。
Banner_01にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

|

« 映画 『ユナイテッド 93』を観て (1) | トップページ | 「石見銀山遺跡とその文化的景観」が世界遺産に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78642/15712099

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『ユナイテッド 93』を観て (2):

« 映画 『ユナイテッド 93』を観て (1) | トップページ | 「石見銀山遺跡とその文化的景観」が世界遺産に »