« 「代理旅行家」という新しい仕事 (1) | トップページ | 「代理旅行家」という新しい仕事 (3) »

2007/09/11

「代理旅行家」という新しい仕事 (2)

070911
昨日、「代理旅行家」の話を書きましたが、ふたたび、本気モードに入りました。

実は、ホームページを作りかけていたんです。でも、3年前は、「俺もバカなこと考えるなぁ」と思い、いつのまにか、この「新事業」に対する意欲もなくなってしまっていました。

でも、意外と皆さんからの反応が速かったし、コメントしてもらったひなたさんの話から、これは本当にやれるのではないかと自信(?)を持ちました。

お金はあるけど、身体的理由や時間的理由で、旅が、したくてもできない人。その人に代わって旅をしてあげる、これはサービス業ですね。

だから、本来は(理想では)、昨日も書きましたが、体験談も話さず、俺が旅を楽しむことだけで満足してほしいのですが、今の段階では、「バーチャル体験できる装置」というものはないし、やっぱりそれなりに体験談を語ったり、写真やビデオを見せることで、疑似体験してもらうという方法しかないかもしれません。

そのうち、「バーチャル体験できる装置」はできるでしょう。実際、今医療現場では、遠隔操作で手術もできるらしいし、そういった技術を応用していけば、きっとできる。(工学部でちゃんと勉強しておくんだった) 手塚治虫が「鉄腕アトム」が活躍する世界を創作したとき、だれも「夢物語」だと思っていたのは、わずか、50年ほど前のことです。

じゃぁ、こうします。とりあえず、今のところは、体験談も写真もビデオも、お客さんが望むものを提供することにします。そして、この体験談は、お客さん以外の他人には話さないことにしましょうか。(代理旅行家としての守秘義務?)

いやぁ、待てよ。ちょっとこれはキツいかなぁ。それでなくても、俺は旅の話はベラベラと人に語りたいほうなので(だからブログなんてやっているわけだし)、おもしろいことを黙っているストレスには耐えきれないかもしれません。そもそも、「俺が楽しむ」ということが大前提だから、やっぱり体験談は思う存分話させてもらいます。

Ya_2代理旅行のブログを新しく作りましたので、どうぞこちらからお申し込みください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキング参加中。クリックして1票お願いします。
Banner_01にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

|

« 「代理旅行家」という新しい仕事 (1) | トップページ | 「代理旅行家」という新しい仕事 (3) »

コメント

あもんさん

コメント、ありがとうございます。

>ただ、どうしても旅先の空気だけは伝えられない

その通りです。代理旅行してあげても限界があります。でも、「俺が旅を楽しむ」ことが、一番大切なことだと考えています。そのことで満足してもらうのが、この代理旅行の目的なのです。
こんなふざけた話はないですよね。でも、こんなふざけた話だからこそ、面白いのかなぁと思っています。

投稿: あおやぎ | 2007/09/12 23:38

青柳さん。おひさしぶりでございます
代理旅行家
素晴らしい職業です!
時間というのは人にとって限られたものであり、かけがえの無いものである。
みんながほしがっているお金なんてちっぽけなものなんですよね。
みんながみんなで旅を伝え合ったら限られた時のなかで大きく成長できるものです。
ただ、どうしても旅先の空気だけは伝えられない

代理旅行家
あおやぎさんが会社を作ったら
僕は一番に入社しそうです

投稿: あもん | 2007/09/12 07:23

TAKAさん
ともえさん

コメント、ありがとうございます。

TAKAさん
>ちょっと危険っぽいところに旅してもらって、
場所にもよりますが、これは危険手当が必要ですね。どこかの役所のように、いちいち「何とか手当」を付け足していくと、そうとうな金額になってしまうかもしれませんが。

>インターネットが使える場所なら、ライブカメラで
これはありですね。リアルタイムな映像なら、より疑似体験に近づけます。

ともえさん
>あの家、あの幼稚園、あの坂道…
その人の人生を旅するようでおもしろい。「あの子は、ほんとにおてんばでねぇ。よく、あの木に登っていたんだよ」などという、近所のおばさんの証言なんかもビデオに録ってね。
なんだか、これ自体でドラマになりそうです。

投稿: あおやぎ | 2007/09/11 23:33

あ〜、コレ、
例えば、私だったら、自分が生まれた所にいってほしい、とかあるかな。
あと、育ったところ。生まれた所はしらないし(覚えがない)、
育った所は鹿児島だけど、そんなのなかなか行けなくて、
でも、今どうなっているんだろう?って思う事がよくあります。
あの家、あの幼稚園、あの坂道…
そんなの、ビデオでもいいからみてみたいかも。
そんで、旅行には、私の写真(キリヌキとかね。あ、お気に入りのぬいぐるみとかでもいいのかな)を風景と一緒にカメラに収めてもらうとか(それは非公開で)。
そういうの、絶対お金もっている高齢の人にはいいと思います〜〜。
あと、旅行雑誌ではわからない現地情報ビデオとかもいいなあ。
旅行に行く前にみられるの。これは、個人向けではなくて不特定多数むけ。
うーん、新ビジネス転がっているように思えます。

投稿: ともえ | 2007/09/11 21:19

「代理旅行家」の記事、楽しく読ませていただきました。
結構、いける話ではないでしょうか?
もし私がお金持ちで、代理旅行してもらうとしたら、どこがいいかなぁ~と、考えてみました。
まず、最初に思ったのはお金があっても自分ひとりでは行けない場所が思いうかびました^^
たとえば、ギニア高地とか~、エベレストの山頂とか~w 日本だったら、硫黄島とか^^
そういう、ちょっと危険っぽいところに旅してもらって、絵葉書などでは、見られない様な写真を撮ってきてもらおうかなぁ~w
あとビデオも^^
ビデオはレポート形式でお願いします^^
お見上げも、売っているものではなく、
現地の人から直接頂いた物とかがいいですね^^
インターネットが使える場所なら、ライブカメラで
リアルな映像なんていうのも、うれしいですね~。
お金持ちだったら、本当に依頼しちゃうかもです。

投稿: TAKA | 2007/09/11 18:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78642/16354677

この記事へのトラックバック一覧です: 「代理旅行家」という新しい仕事 (2):

« 「代理旅行家」という新しい仕事 (1) | トップページ | 「代理旅行家」という新しい仕事 (3) »