« 2008年の干支、「子 ねずみ 鼠」のトンパ文字 | トップページ | 映画 『ビッグ・フィッシュ』を観て (2) 写真家もホラ吹き »

2007/11/20

映画 『ビッグ・フィッシュ』を観て (1) せいぜいホラを吹きたい

071120
(写真は、カンボジア・トンレサップ川の魚)

映画 『ビッグ・フィッシュ』を観ました。2003年のアメリカ映画です。

オフィシャルサイト
http://www.so-net.ne.jp/movie/sonypictures/homevideo/bigfish/index.html

【注意:ネタバレです】
エドワード・ブルームが語るお伽話でみんな幸せな気分になるのですが、彼の息子だけは、単なるホラ吹きだと思って嫌っていました。でも、父親の余命わずかとなったとき、ホラじゃなくて事実もたくさんあったんだ、そして父親の生涯が幸せなものだったんだと知り和解する話。父親が家を留守にしがちだったのは、母親のほかに、外に別な女がいるからだろうという誤解も解けるのでした。いい映画でしたよ。

それにしても、エドワード・ブルームの、話を大きくして語る性格は、とってもわかります。事実を事実としてだけ話をしても、つまらないと俺も思うようなところがあります。教科書じゃないんだから、多少の誇張はあってもいいと思うし。ただ、行き過ぎると、「嘘」になってしまうので、そこのバランスは難しい。どれくらいまでが「ビッグ・フィッシュ(大きな魚)」と言っていいものか。

正直言うと、俺も、ノッテくると、「おおげさな話」から「嘘の話」になっていく微妙なところがあります。言ったあとに「おおげさだったな」と内心後悔しながらも、相手が信じてしまっているのを、今さら否定するのもなんだなぁと考えて、そのままにしておくと、聞いた人の誇張なども追加されて、話に尾ひれが付き(それこそビッグ・フィッシュですね)、そのことが俺を縛ってしまって、辛くなるという悲劇も起きます。

ただ思うんですよね、というか、半分言い訳ですが、物事の真実を伝えたいと思ったとき、嘘を言ったほうがいいときもあると。たとえば、小説なんかも、考えてみれば「嘘」なわけで。そういう「嘘」でしか伝えられない「真実」というものもあるような気が・・・・。

同じことなら、楽しく、面白く生きたいなと思っているだけです。現実は、ドラマチックでもありません。その淡々とした日常に耐えられない「弱さ」といったらいいか、それもないと言ったら嘘になるかもしれませんが。

でも、これもマイナスに考えてしまうと、つまらないので、せいぜいホラを吹きたいと思いますよ。

と、いうことは、このブログで語られていることも、もしかして・・・


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキング参加中。クリックして1票お願いします。
Banner_01にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

|

« 2008年の干支、「子 ねずみ 鼠」のトンパ文字 | トップページ | 映画 『ビッグ・フィッシュ』を観て (2) 写真家もホラ吹き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78642/17097773

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『ビッグ・フィッシュ』を観て (1) せいぜいホラを吹きたい:

« 2008年の干支、「子 ねずみ 鼠」のトンパ文字 | トップページ | 映画 『ビッグ・フィッシュ』を観て (2) 写真家もホラ吹き »