« トンネルを抜けると、桃源郷だった (2) 桃源郷はどこにある? | トップページ | 2008年の干支、「子 ねずみ 鼠」のトンパ文字 »

2007/11/18

トンネルを抜けると、桃源郷だった (3) それでも俺は「桃源郷」を探したい

071118
どうしてこう、何事も自分の思い通りにならないのでしょうか。今までのことを振り返ってみても、「こうあってほしい」ということが実現したことは、ほんとに少ない。

理想とする状態が、何でも実現してしまうのは、それこそ理想的な「桃源郷」と言えるのかもしれないけど、実際、そんなことはないし、もし仮にそんな簡単に何事も実現してしまったら、嬉しくも楽しくもないと言うことにもなります。矛盾してますね。

なかなか思い通りにならないからこそ、なったときは嬉しいし、幸せな気分にもなります。だからこその「桃源郷」なのでしょう。

そう考えれば、桃源郷の入口には、命を失ってしまいかねない危険があるのもうなずけるし、「擬似的な死」とか「死と再生の儀式」が必要でもあるのでしょう。

でも、それをわかってもなぁ・・・と凡人の俺は思ってしまいます。

思い通りにならない辛さが弱まるわけではありません。辛いのは辛い。それは変わらない。でもしかたないんでしょうね。

なんてこった。

それでも俺は「桃源郷」を探したい、とは思いますよ。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキング参加中。クリックして1票お願いします。
Banner_01にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

|

« トンネルを抜けると、桃源郷だった (2) 桃源郷はどこにある? | トップページ | 2008年の干支、「子 ねずみ 鼠」のトンパ文字 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78642/17090247

この記事へのトラックバック一覧です: トンネルを抜けると、桃源郷だった (3) それでも俺は「桃源郷」を探したい:

« トンネルを抜けると、桃源郷だった (2) 桃源郷はどこにある? | トップページ | 2008年の干支、「子 ねずみ 鼠」のトンパ文字 »