« 「ヴァーチャル・ウォーター」という考え方 (1) | トップページ | 山形県朝日町椹平の棚田写真コンテスト表彰式 »

2007/12/16

山形県朝日町椹平(くぬぎだいら)の写真コンテスト

071216
「トンネルを抜けると、そこは雪国だった」

昨日、福島県から県境のトンネルを抜けたとたん、山形県側は雪が降っていました。

山形駅で、朝日町のAさんの出迎えを受け、会場となる椹平(くぬぎだいら)棚田の、能中公民館へ行きました。

ここで、写真コンテストの審査。(写真)

写真家が選ぶと当然ながら「写真的にいいもの」が選ばれるのですが、それだとどこにでもある普通の写真コンテストです。でも、今回はちょっと違います。

地元の耕作者が「いい」と思う写真を選ぶのが今回の写真コンテストのユニークなところ。こういう写真コンテスト、あまり聞いたことがないのではないでしょうか。

みんなの投票の結果、十数点に絞り込み、そこから各賞を選びました。バリエーションもあり、いい結果になったのではないでしょうか。

そのあと飾り付けをしました。わいわいがやがやしながら、初めてのことなので、時間はかかりましたが、会場が出来上がってみると、みんな、達成感は感じたようです。文字通り手作りのコンテストと写真展です。


Banner_01にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

|

« 「ヴァーチャル・ウォーター」という考え方 (1) | トップページ | 山形県朝日町椹平の棚田写真コンテスト表彰式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78642/17379916

この記事へのトラックバック一覧です: 山形県朝日町椹平(くぬぎだいら)の写真コンテスト:

« 「ヴァーチャル・ウォーター」という考え方 (1) | トップページ | 山形県朝日町椹平の棚田写真コンテスト表彰式 »