« 東日本大震災の現場 (3) 飯舘村 | トップページ | 東日本大震災の現場 (5) 田老の防潮堤 »

2011/05/03

東日本大震災の現場 (4) 那珂湊の魚市場

110503_1
110503_2

茨城県那珂湊の魚市場を訪ねた。2年前の5月と、昨年は11月にも訪ねている。

那珂湊の魚市場は4月28日に再開した。この日(5月1日)はたくさんの客で大盛況だった。

「和風レストラン やまさ」は2階にあるので、他の店と比べると少し早く23日から再開できた。

「下の冷蔵庫で電気を使うので、冷房が使えないんです。すみません」と店員はいう。そんなこと気にしていない。那珂湊に来る客は、みんな魚市場が復活したことが嬉しいのだ。

地震の45分後津波が来た。沖にいた巡視艇から、確実に津波が来るという情報があって、みんな遠くへ逃げた。

品物、冷蔵庫、全部流された。駐車場は液状化で使えなくなった。建物が流されることはなかったが、水は1階の天井部分まで来た。

多くの客は聞く。「ほんとに津波がきたんですか?」と。それだけ以前の様子を取り戻したように見える。ただそのために1ヵ月半、市場の人たちはヘドロをかき出し、商品をそろえ、開店準備に奔走した。

「割と早く復旧できて良かったです」と店員は言った。

魚市場は明るい高揚感の中にあった。

俺はイカの塩辛を2瓶買い、海鮮丼を食べた。


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 東日本大震災の現場 (3) 飯舘村 | トップページ | 東日本大震災の現場 (5) 田老の防潮堤 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東日本大震災の現場 (3) 飯舘村 | トップページ | 東日本大震災の現場 (5) 田老の防潮堤 »