« 東日本大震災の現場 (18) 海の上で咲く桜「津波桜」 (陸前高田市) | トップページ | 東日本大震災の現場 (20) 写真の大切さ 「がれき」と呼ばれる思い出 »

2011/05/22

東日本大震災の現場 (19) 海の上で咲く桜「津波桜」 (石巻市雄勝町水浜)

110523(↑) 2011年4月29日撮影

海岸や港はどこも地盤沈下していた。海水がひたひたと岸壁の上にまで流れ込んで、岸壁と海の境がわからなくなっていた。

石巻市雄勝町水浜の港も同じような状況だった。80cm近くは沈んだのではないだろうか。

近くに桜並木があった。岸壁は海に崩れていて、桜の木が完全に水没していた。そんな桜の木で、1本だけ花が咲いていた。

陸前高田の海に咲く桜よりも、もっと厳しい環境だ。根は完全に海の中なのだ。枝は海水面から伸びて、花を咲かせていた。

このギャップはなんだろう?と思う。うららかな春の日差しと桜の花。後ろを振り返れば瓦礫の山だ。

それでも異常な桜が「そんな桜もあったなぁ」と思い出になる日は、必ずやってくる。


Ya_2『被災地の桜』 東日本大震災の桜


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 東日本大震災の現場 (18) 海の上で咲く桜「津波桜」 (陸前高田市) | トップページ | 東日本大震災の現場 (20) 写真の大切さ 「がれき」と呼ばれる思い出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東日本大震災の現場 (18) 海の上で咲く桜「津波桜」 (陸前高田市) | トップページ | 東日本大震災の現場 (20) 写真の大切さ 「がれき」と呼ばれる思い出 »