« 東日本大震災の現場 (33) 宮城県塩竃神社の桜 | トップページ | 東日本大震災の現場 (35) 福島県飯舘村の桜 »

2012/05/03

東日本大震災の現場 (34) 宮城県松島西行戻しの松公園の桜

120502_1

120502_2

今日は雨の中、福島県内の山中の桜を撮影しました。

三春町の「滝桜」にもまた寄ってみましたが、すでに花は散ったあと。そろそろ桜の撮影も今年は終わりかな。

ブログでは遅れています。ここ何日間は一気に咲いたので忙しくてアップできませんでした。

「1年遅れの東北のお花見」をしばらく続けます。ただ、撮影順にはならないと思います。どうして? 俺は気まぐれなのです。

だから写真は、昨日撮影したばかりの松島の桜です。こちらは松島湾を望む絶景の地ですが、風があったので桜吹雪になって飛んでいました。

外国人3人が来ていました。桜を背景に彼らの写真を撮らせてもらいました。ひとりは日本在住ドイツ人、ふたりはスウェーデン人でした。

ドイツ人の彼は、

「外国人は少ないですね」
と流暢な日本語で言いました。
「それは地震のため、放射能のため?」
「放射能のため」

まだ日本のイメージは悪いままらしい。

外国人が日本に対して悪いメージを持っているのと、東北以外の日本人が東北(とくに福島)に対して悪いイメージを持っているのが、相似形なんだなぁ。

「日本はそんな悪いことだけじゃないよ」といいたい。こんなにきれいに桜が咲いて、みんな楽しそうに花見をしているじゃないですか。ぜひ、外国人には自分の目でみて判断してほしいと思います。


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村


|

« 東日本大震災の現場 (33) 宮城県塩竃神社の桜 | トップページ | 東日本大震災の現場 (35) 福島県飯舘村の桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東日本大震災の現場 (33) 宮城県塩竃神社の桜 | トップページ | 東日本大震災の現場 (35) 福島県飯舘村の桜 »