« 無袋ふじ発祥の地、山形県朝日町 「和合りんごまつり」のお知らせ | トップページ | 犬の擬人化について (1) 犬の肖像権やら個人情報の保護 »

2012/09/07

大正時代に建てられた木造校舎 長野県上田市の浦里小学校の火事

Kizawa_shogakko(この写真は火事とは関係ありません。旧木沢小学校(長野県飯田市)の写真です)

長野県上田市浦野の市立浦里小学校の木造校舎が全焼しました。

放火の疑いもあるそうです。

この旧校舎は1924(大正13)年に建てられましたが、現在は、教室としては使われていませんでした。そのかわり多くの映画やドラマのロケ地に使われていました。主な作品を調べてみると、

「南極大陸」
「スパイ・ゾルゲ」
「リング0~バースデイ~」
「ゼロの焦点」
「私は貝になりたい」

など、ざっとこれだけあります。

火事の様子を泣きながら見ている生徒や住民の人たち。思い出が目の前で失われていく生徒や住民の悲しみは想像できます。

俺は全国の旧学舎(廃校)の写真を撮り続けています。まだ浦里小学校旧校舎は訪ねたことはありませんでした。でも、各地の旧学舎が取り壊される現場を見て、地元の人たちの気持ちが少しはわかるつもりです。だからこころの準備も何もなしに突然火事で校舎を失うことの衝撃は、解体されるとき以上の大きなものがあると思います。

学校は単なる建築物ではありません。学校の行事がその地域の行事そのものだったりします。学校は地域の中心でした。校舎がなくなるのは、自分と地域の歴史をなくしてしまうような気がするのかもしれません。

思い出がどんなにか大切なものか。311の津波で思い出を失った人たちと同じような気持ちなのではないでしょうか。

「ロケ地の小学校全焼 大林宣彦監督の話」
NHK「かぶん」ブログ http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/800/130567.html )


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 無袋ふじ発祥の地、山形県朝日町 「和合りんごまつり」のお知らせ | トップページ | 犬の擬人化について (1) 犬の肖像権やら個人情報の保護 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 無袋ふじ発祥の地、山形県朝日町 「和合りんごまつり」のお知らせ | トップページ | 犬の擬人化について (1) 犬の肖像権やら個人情報の保護 »