« 東北の咲【わら】う桜 (06) 福島県南相馬市原町 道の駅隣の桜と新田川沿いの桜並木 | トップページ | 東北の咲【わら】う桜 (08) 宮城県塩竈市 鹽竈神社と志波彦神社の桜 »

2013/02/02

東北の咲【わら】う桜 (07) 岩手県陸前高田市 金剛寺(気仙成田山)の桜

130202_1(不動堂と桜 2012年4月29日)

130202_2(不動堂と桜 2012年4月29日)

130202_3(施餓鬼法要  2012年4月29日)

130202_0(2012年4月29日)

130202_4(津波到達地点に植えられた桜の苗木 2012年4月29日)

130202_5(山田洋二監督寄贈の鎮魂のモニュメント 2012年4月29日)

陸前高田で満開の桜が咲いていたのは、金剛寺(気仙成田山)という寺でした。

本堂は津波で流されてしまいました。急な石段をあがったところにあるのが不動堂です。

そこで桜の写真を撮っている人がいました。地元のデザイナーで、津波で会社が流され、陸前高田の桜を含む、いままでの写真データを全部失ったそうです。去年は桜どころではなかったけれど、今年は町の桜でも撮ろうかとやってきたといいました。

10時から不動堂の前で施餓鬼法要が行われました。住職はあいさつの中で、これから毎年法要を続けていきたいといいました。お経のあと、みんなで焼香し、地元の婦人たちがご詠歌をうたいました。鎮魂の歌声が桜の下に響いていました。

階段の途中に青々とした苗木が植えられています。これは津波到達地点に植えられた桜です。津波の記憶を後世に伝える役目もあります。

金剛寺から南に250mほどのところに、黄色い旗がはためくモニュメントがあります。山田洋二監督が寄贈したものです。
 
 
 

より大きな地図で 東北の咲う桜 を表示
 
 
 
東北の咲う桜 プロジェクトのページ
「東北の咲【わら】う桜」
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 東北の咲【わら】う桜 (06) 福島県南相馬市原町 道の駅隣の桜と新田川沿いの桜並木 | トップページ | 東北の咲【わら】う桜 (08) 宮城県塩竈市 鹽竈神社と志波彦神社の桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東北の咲【わら】う桜 (06) 福島県南相馬市原町 道の駅隣の桜と新田川沿いの桜並木 | トップページ | 東北の咲【わら】う桜 (08) 宮城県塩竈市 鹽竈神社と志波彦神社の桜 »