« 「日本産業の原点、富岡製糸場と絹産業遺産群が世界遺産に登録の見通し」というニュース | トップページ | 今日から、旧暦四月(卯月)。「逆さ富士」や「田毎の月」の季節 »

2014/04/28

今年は満開だった気仙沼市本吉町の被災桜とわかめ

140427_1

140427_2

この掲載写真は、震災のあった2011年4月に撮影したものですが、線路脇にりっぱな桜があって、おもわず車を止めて近づいた桜の木です。

ちょうど、民家に人がいていろいろと震災当時の話や桜の話を聞いたのですが、1年後また訪ねたときは、桜の木の下で、夫婦の写真を撮らせてもらいました。

花の咲き方がまばらな感じがしたのは、塩水をかぶっていたので、弱ってしまったのかなぁと思ったのですが、今年は満開だったという連絡をもらいました。以前のような桜の木に復活したようです。

塩蔵わかめが同封されていました。気仙沼産です。水で塩抜きしてそのまま食べられますが、歯ごたえがあって、たいへんおいしいものでした。

満開の桜と地元産のわかめからも、日常を取り戻しつつあることを感じます。

 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村


|

« 「日本産業の原点、富岡製糸場と絹産業遺産群が世界遺産に登録の見通し」というニュース | トップページ | 今日から、旧暦四月(卯月)。「逆さ富士」や「田毎の月」の季節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「日本産業の原点、富岡製糸場と絹産業遺産群が世界遺産に登録の見通し」というニュース | トップページ | 今日から、旧暦四月(卯月)。「逆さ富士」や「田毎の月」の季節 »