« 今日は、二十四節気「啓蟄」の末候、「菜虫化蝶」 | トップページ | 棚田に関する知識が集約された『棚田学入門』 »

2015/03/17

「忠犬ハチ公」、新潟県「タマ公」、北海道「消防犬ブン公」などと、新しく兵庫県「シンシア」

150310_1(北海道南富良野町「忠犬ハチ公」碑)

150310_2(小樽市「消防犬ぶん公」像のプレート写真)

150310_3(秋田県大館市駅前の「秋田犬」群像)

150310_4(茨城県北茨城市「忠犬ジョン」像)

150310_5(東京都渋谷「忠犬ハチ公」像)

150310_6(新潟県新潟市「タマ公」像)

150310_7(徳島県徳島市眉山公園犬の像)

介助犬だったラブラドルレトリバー犬の「シンシア」の銅像が、3月14日、兵庫県のJR宝塚駅改札前に完成したそうです。

介助犬の先駆け・シンシア顕彰
nifty NEWS http://news.nifty.com/cs/headline/detail/kyodo-2015031401001273/1.htm

先日は忠犬ハチ公像のニュースに触れましたが、日本にはたくさんの忠犬の像や碑があります。「シンシア像」で、もうひとつ増えました。

タマ公は、新潟県川内村(現五泉市)の刈田吉太郎さんが飼っていた雌の6歳になる越後柴犬で、昭和9年2月5日、刈田さんは仲間とともにタマ公を連れて猟に出かけましたが、雪崩が発生し、タマ公は雪を掘って刈田さんたちを助け出したという。

それから2年後、再び雪崩が発生、タマ公はそのとき4人の命を救ったのでした。2度の人命救助は、新聞やラジオで全国に知られることになりました。その功績を称え、小学校や公園、新潟駅にタマ公の像が建てられました。そのひとつが白山公園のタマ公像です。

他にも、北海道の南富良野の「忠犬ハチ公」(渋谷のハチ公とは違います)の碑や小樽市の「消防犬ぶん公」の像、茨城県北茨城市の五浦海岸には「忠犬ジョン」の像、徳島県徳島市の眉山公園にも犬の像がありました。

いずれも、飼い主にとっては、まぎれもなく「忠犬」で、それ以上に「愛犬」であるがゆえに、像や碑をたてて永遠の記憶を残そうとした飼い主の思いが伝わってきます。

そこには日本の「供養の文化」とも関係しているのではないでしょうか。

2010年、宮崎県の口蹄疫の発生では多くの牛が殺処分されました。現地では牛の供養碑が建てられました。テレビのインタビューに答えた奥さんは、

「それはつらかったですよ。家族のようにいっしょに暮らしてきた牛でしたから」

と涙ぐんでいました。家畜ではあっても家族なのです。

311の震災後、原発の放射能問題で、牛を手放さざるをえなかった酪農家の人たちも、家族同様の牛と離れるとき涙を流していました。

日本では昔から塚や碑を建てて供養する風習がありました。動物はもちろんですが「針供養」さえある国なのです。物にさえ「いのち」があるという感覚は嫌いではありません。だから犬ならなおさらのこと。人間と同じように、いや、人間以上に丁重に供養されるということでしょう。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 今日は、二十四節気「啓蟄」の末候、「菜虫化蝶」 | トップページ | 棚田に関する知識が集約された『棚田学入門』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は、二十四節気「啓蟄」の末候、「菜虫化蝶」 | トップページ | 棚田に関する知識が集約された『棚田学入門』 »