« 映画 『es[エス]』 に、(自称)善人の危うさを観る | トップページ | 別冊宝島2329 『日本の古道』の「秩父巡礼古道」と、栄養と料理5月号の「電線・電柱は文化遺産?」 »

2015/04/08

成田空港にLCCターミナルがオープンのニュース

150409

LCC、ローコストキャリア(Low-Cost Carrier)を初めて使ったのは、数年前、スリランカへ行ったときでしたが、そのとき日本がLCCでは後進国だと知りました。

世界的にはLCCが一般に浸透していて、日本がまるで世界の趨勢から取り残されたような「浦島太郎」状態だったんだと初めて気がつきました。

その後日本でも「ピーチ・アビエーション」などが就航し、ようやく日本のLCC元年が始まったわけですが、今朝、成田空港にもLCCターミナルが開業し、旅行方法の国際標準に向けて新たな段階に入った感じがします。

横になれるソファーとか、早朝から開いているフードコートもいいですね。待ち時間を利用した外国人用のツアーも出るようです。

あと気になるのは、Wi-Fi環境が遅れている日本ですが、まさかこのターミナルで使えないなんてことはないと思いますが。スマホやPC用の電源として、各国プラグや電圧に対応した変換アダプターなどもあったら外国人にはうれしいかな。

それとコイン・シャワーなどもあるんでしょうか。

ここまで完備されていれば、乗り換え時間が24時間あっても大丈夫です。

昔は、飛行機そのものが、非日常を演出する乗り物でしたが、飛行機が特別のものではなく、もっと気軽な乗り物として、「安全に運んでくれさえすればいい」という考えの人が増えてきたということもあるでしょう。

今まで、強制的に払わされていた(料金に含まれていた)、養鶏場のニワトリのように、食べたくなくても時間になると出てくる機内食などは、むしろ、必要だと思う人だけお金を払って買うという、当たり前のシステムになったことも、いいことだと思います。(以前航空会社の人から、機内食が1食2000円以上かかっているという話を聞いたことがあります) 荷物だって、たくさん持っている人が多く払うのは当然のことです。

少なくとも、選択肢が増えることは良いことだと思います。見たところLCCターミナルは建設費も設備費も抑えられているので、たしかに「チープ感」はぬぐえないし、せっかくの旅行に「特別感」を感じたいときもあるので、そのときは今まで通り普通の航空会社で高い料金を払って、いいサービスを受ければいいわけです。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 映画 『es[エス]』 に、(自称)善人の危うさを観る | トップページ | 別冊宝島2329 『日本の古道』の「秩父巡礼古道」と、栄養と料理5月号の「電線・電柱は文化遺産?」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 映画 『es[エス]』 に、(自称)善人の危うさを観る | トップページ | 別冊宝島2329 『日本の古道』の「秩父巡礼古道」と、栄養と料理5月号の「電線・電柱は文化遺産?」 »