« 映画 『プロミスト・ランド』 を観て。「田舎の存在理由」 | トップページ | 11月23日の「勤労感謝の日」、本来は「新嘗祭」 »

2015/11/22

夢日記 「ISの施設の入り口で地面に伏せる」

151122

【夢日記】

ISの施設(国境検問所)の入り口か。

多くの人が地面に両手をついて、足を投げ出している。まるで腕立て伏せをしているように見えるが、何かの許可を求めているらしい。

俺も真似して地面に伏せるとISの幹部らしい男が銃を持って近づいてきた。不審者だと思われたら殺されるかもしれない。顔を上げずにその男の足元だけを見ていた。銃を持ったまま男は俺のことを見下ろしているのを感じる。体はこわばって動かない。

   ☆

この夢を見たのは、先日のパリでの同時多発テロで、襲撃されたカフェの映像を昨日見たからだと思います。

とくに、カフェの入り口近くに隠れた女性客に対して、テロリストは銃口を向けましたが、銃の故障なのか、それとも呼び戻されたのかはわかりませんが、女性客は奇跡的に撃たれなくて助かったのです。これが強烈に印象に残りました。

この女性の恐怖心といったらなかったでしょう。その恐怖心をリアルに想像してしまいました。

それと、地面に両手を付く姿勢は、この前観た映画『超高速!参勤交代』の大名行列を見送る人たちの姿勢が混ざっていると思われます。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 映画 『プロミスト・ランド』 を観て。「田舎の存在理由」 | トップページ | 11月23日の「勤労感謝の日」、本来は「新嘗祭」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画 『プロミスト・ランド』 を観て。「田舎の存在理由」 | トップページ | 11月23日の「勤労感謝の日」、本来は「新嘗祭」 »