« 【愛犬物語百景 其の十一】 東京都渋谷区 都会の中の異界、宮益御嶽神社 | トップページ | 【愛犬物語百景 其の十三】 東京都墨田区 動物供養で有名な回向院の「は組新吉の八之塚」 »

2016/05/16

【愛犬物語百景 其の十二】 東京都港区 都立青山霊園の「忠犬ハチ公の墓」

160516_1

160516_2

160516_3


今日の「ワン景」は、あの忠犬ハチ公の墓です。日本人ならだれもが知っている「忠犬ハチ公」ですが、ハチの墓があるのは、意外と知られていないかもしれません。

飼い主であった上野英三郎博士が亡くなって10年近くが経った1935年3月8日にハチも亡くなりました。

ハチ公の墓は青山霊園にあります。千代田線乃木坂で降りて、表に出ると、目の前に青山葬儀場があり、その先に小さな階段があって上ると、そこは青山霊園の敷地でした。

前もって場所を調べてくるようなことはないので、やみくもに歩いてみましたが、霊園は想像以上に広くて、これは聞かないとダメだなとあきらめて、管理棟まで行きました。

墓の場所を聞くと、窓口の男性は親切に詳しい案内図のコピーもくれて、墓と碑の写真も見せてくれました。そのコピーには、日本語のほかに「Hachi,the faithful dog memorial monuments」と英語でも記入されていました。外国人もやってくるらしいことがわかります。

管理棟前の中央道路を南に進み、東三通りを左折します。春なら桜がきれいだろうなという並木を進むと、「忠犬ハチ公の碑」がありました。

「あれ、ここさっき、通ったよな」と独り言。

墓の場所は「1種(ロ)6号12側1番」というところになります。

4.5m×3.5mほどの竹垣で囲った区画の奥には、「東京帝国大学教授 農学博士 上野英三郎墓」と刻まれた墓石が建っていて、入り口の右手には小さな祠がありました。これが忠犬ハチ公の墓です。博士のそばで眠っているんですね。

隣にベンチなどもあって休憩できるので、訪問者が多いのが想像できます。

写真を撮ったりノートに記録していると、そこへフランス人家族4人がやってきました。ひとりは日本に住んでいるらしく日本語も話しました。

「何か書いているんですか?」と」聞かれたので「犬について調べているんです。日本には犬にまつわるこういった墓や碑がたくさんあるんですよ」と答えました。

忠犬ハチ公は外国人にも有名だそうです。渋谷ではよく外国人も待ち合わせでも使っているので、名前だけでも聞いたことのある人は多いのではないでしょうか。アメリカ人の友人と待ち合わせをしたのも、ハチ公前でした。

「数年前、リチャードギア主演のハチの映画あったんですが、知ってますか?」と聞いたら、さすがに「知りません」という。『HACHI 約束の犬』というアメリカ映画だったのですが。

まぁ映画が世界的に大ヒットしたという話も聞かないので、日本では話題になっても、世界的にはそれほど知られていない映画なのでしょう。

フランス人には秩父へ行くことを勧めました。日本の伝統文化が色濃く残っている地域であること、都内から比較的簡単に行けること、そして、お犬様信仰の神社が多いこと。

「へえ~」とか聞いてくれていましたが、「そろそろいかないと…」という微妙な空気感を俺も感じたので、「ボンボヤージュ」とあいさつして彼らを見送りました。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 【愛犬物語百景 其の十一】 東京都渋谷区 都会の中の異界、宮益御嶽神社 | トップページ | 【愛犬物語百景 其の十三】 東京都墨田区 動物供養で有名な回向院の「は組新吉の八之塚」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【愛犬物語百景 其の十一】 東京都渋谷区 都会の中の異界、宮益御嶽神社 | トップページ | 【愛犬物語百景 其の十三】 東京都墨田区 動物供養で有名な回向院の「は組新吉の八之塚」 »