« 2016年初夏の撮影旅(06) 【愛犬物語 其の二十二】 山形県高畠町 犬の宮、猫の宮 | トップページ | 2016年初夏の撮影旅(08) 宮城県大崎市 日本最古の寺子屋校舎 有備館 »

2016/06/02

2016年初夏の撮影旅(07) 山形県高畠町 歴史公園&安久津八幡神社・三重の塔

160602_1

160602_2

160602_3

160602_4

160602_5


山形市での講演「旧暦のリズムで棚田を味わう」の仕事も無事に終わり、岩手県に来たところです。

これは講演会前日の話になります。(ブログはもうリアルタイムではなくなっています)

山形県高畠町、安久津八幡神社の三重の塔は寛政9年(1797年)に再建されたもので、初建は寛永2年(1625年)といわれているそうです。

周りには水田があり、今は三重の塔が田んぼに映る初夏の風景です。

鳥居の横には大きな石柱が参道に平行に置いてあります。「じじばば石」というものです。

ここから十数キロはなれた場所から運ばれてきたらしい。古い鳥居の柱にも見えるので、鳥居のために運ばれたのかも、と思ったら、昔、老夫婦が鳥居を奉納しようとしたら、鬼に邪魔されたので、そのままにしたといわれる石なのだそうです。だから「じじばば石」なんですね。

山形市には日本最古の神社があって、その鳥居の石柱の雰囲気がそっくりだったのです。荒々しいけど、神々しさも感じる、鳥居にふさわしい石柱ではないでしょうか。

あたりは安久津古墳群が点在していて、歴史公園として整備されています。縄文時代の竪穴式住居も復元されています。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 2016年初夏の撮影旅(06) 【愛犬物語 其の二十二】 山形県高畠町 犬の宮、猫の宮 | トップページ | 2016年初夏の撮影旅(08) 宮城県大崎市 日本最古の寺子屋校舎 有備館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016年初夏の撮影旅(06) 【愛犬物語 其の二十二】 山形県高畠町 犬の宮、猫の宮 | トップページ | 2016年初夏の撮影旅(08) 宮城県大崎市 日本最古の寺子屋校舎 有備館 »