« 映画 『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』 を観て | トップページ | 今日は、二十四節気「小暑」、七十二候「蓮始開(はすはじめてひらく)」 »

2016/07/12

日本の未来予想図

160712


選挙結果は、自民党を中心とする「改憲勢力」が改憲発議に必要な参院議席の3分の2を獲得したわけですね。

「3分の2」について、選挙後に急にクローズアップされた感があって、イギリスのEU離脱派が国民投票で勝利したにもかかわらず、あらためて「離脱」の意味を悟って後悔するという姿を目の当たりにした俺たちでしたが、まるで今回の選挙もそんな雰囲気を感じなくもないなぁと。

「アベノミクス/経済政策」で投票したつもりが、蓋をあけてみたら、いつの間にか「改憲議論」が目の前に立ちはだかったような。「そんなはずではなかった」と言っても後の祭り。

まぁそれでも、改憲にしろ加憲にしろ、すんなりは行かないでしょうね。議論すること自体は、悪いことではないとは思いますが。

この「3分の2」にはむしろ、アメリカや中国や韓国が敏感に反応していて、当の日本人はのほほ~んとしている感じがします。

でも、鳥越俊太郎さんが都知事に立候補する決心をしたのは、今回の「3分の2」の結果に危機感を覚えたのも、理由のひとつのようです。日本の首都東京のトップが、「護憲派」というのはインパクト大きいでしょうし。都政にはあまり関係はないのかもしれないですが、すんなり改憲はさせないぞという意思は示せるのではないでしょうか。

日本はどんな未来予想図を描けるのでしょうか。

とにかく安倍さんは任期期間中にやりたいと言っている以上、すぐに改憲の問題は表に出てくることは間違いないと思いますが、中国の問題、北朝鮮の問題とからんだところは、百歩譲ってわからないでもないですが、そこに目を奪われると、思わぬ落とし穴に落ちる可能性もあります。

俺はISの問題がもっと心配です。「いつテロが起こるかも」という日々のストレスは、戦争のストレスと同じくらい耐えられないと感じるからです。(テロが新しい戦争の形とも言えますが)

イラク戦争のとき、日本はアメリカの要請で支援せざるをえなくなり、結果、イスラム過激派から見れば、日本も敵になってしまいました。

当時、小泉さんはアメリカにべったりでしたが、それでも少し抵抗はして、戦闘地域への派遣だけはしませんでした。そこは評価しないといけないかもしれません。

当時よりも現在、これからの方が状況は厳しくなっています。今度は安保法制があり、アメリカが要請したら、確実に戦闘地域に自衛隊を派遣しなければならない状況に陥ります。

そのためなのか、日米豪合同訓練の公開場面を見ると、市街戦の訓練をしていました。これは明らかに尖閣諸島を想定したものではなく、ISとの戦闘を念頭においた訓練のように見えます。

「尖閣諸島有事のため」と言われれば、国民も納得しやすいでしょうが、この目的はカモフラージュかもしれないですね。

はっきり言って、アメリカは、中国が尖閣諸島に来た時に、はたして100パーセント日本側に付くのかどうかはわからないそうです。それは議会で決められる問題で、その時のアメリカの国益を考えて判断されるでしょう。だからアメリカにとって、尖閣諸島は、しょせん外国の問題なのです。少なくとも中国は「国」なので、まだ交渉の余地があります。

でも、ISの問題は違います。これはアメリカにとっても優先順位は高いと思われます。テロ被害を食い止めなければなりません。どうするか?

今までのアメリカの行動から考えれば、ISを徹底的に根絶するという方向へ行くでしょう。そのためには同盟国の協力が必須なのです。いい具合に、日本もこれからは参加してくれそうです。もう日本はアメリカの要請を断れません。

こうして日本は国際化するテロ戦争の最前線に立たされることになるのでしょう。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 映画 『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』 を観て | トップページ | 今日は、二十四節気「小暑」、七十二候「蓮始開(はすはじめてひらく)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画 『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』 を観て | トップページ | 今日は、二十四節気「小暑」、七十二候「蓮始開(はすはじめてひらく)」 »