« 今日は、七十二候「半夏生(はんげしょうず)」。富士山の山梨県側、山開きのニュース | トップページ | バングラデシュの首都ダッカのレストランで起きた人質事件のニュース »

2016/07/02

【愛犬物語百景 其の三十四】 埼玉県秩父市 三峯神社の「パワースポット」という「営業努力」

160701_1(三峯神社の「三ツ鳥居」とオオカミ像の狛犬)

160701_2

160701_3(文化7年(1810年))のお犬様(オオカミ)像とご神木)

160701_4(文化7年(1810年))のお犬様(オオカミ)像)

160701_5

160701_6

160701_7(平成24年、辰年に現れた龍)

160701_8


埼玉県秩父市の三峯神社です。

駐車場から階段を上り、坂道を50mほど進むと一の鳥居が現れ、筋肉質のオオカミ像の狛犬に出迎えられます。この3連の「三ツ鳥居」は全国的にも珍しいそうで独特の雰囲気があります。

三峯神社は、秩父神社・宝登山神社とともに秩父三社の一社で、狛犬の代わりにオオカミの像が複数鎮座していますが、この中に、秩父で年代が分かっている最も古い、文化7年(1810年))の像があります。拝殿に上る階段の左右に鎮座しています。

細身の体形で、一見すると、キツネのようにも見えます。

秩父で「お犬様信仰」が始まったのは三峯神社で、山犬(ニホンオオカミ)の神札を信者に授けたことに始まるといいます。「お犬様信仰」の仕組みは神社経営の方策でもあったそうで、ここにも「営業努力」があったわけですね。

そしてその「営業努力」は、現代では「パワースポット」という意味付けも付け加えられているようです。

「パワースポット」というのは現代版の自然崇拝とも言えるようで、その中のお犬様(オオカミ)は、自然を象徴とする存在ではないでしょうか。

宮崎駿監督の『もののけ姫』にもオオカミが登場します。白く大きな三百歳の犬神、モロの君です。もののけ姫のサンがモロの君に育てられたという設定でした。

日本ではオオカミは絶滅してしまいました。森のカミが消える(カミを殺す)ということの意味は、文字通りオオカミを殺すこと以上に、自然との繋がりを断つものなのだなぁと思います。都会化した人たちの自然回帰で「パワースポット」が人気になっているのは、自然の成り行きではないかと思います。

境内のうっそうとした森の中を歩き、ひんやりとした空気に緊張感を覚えます。こころが引き締まるようです。

秩父一古い狛犬のそばには、推定樹齢800年の杉の巨木、ご神木がそびえたっていますが、参拝客は、ご神木に体を預け、自然からの氣を受けています。

なお、拝殿前、お賽銭箱の手前の床には龍の模様が。これは平成24年現れた模様だそうです。その年、干支は辰年でした。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 今日は、七十二候「半夏生(はんげしょうず)」。富士山の山梨県側、山開きのニュース | トップページ | バングラデシュの首都ダッカのレストランで起きた人質事件のニュース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は、七十二候「半夏生(はんげしょうず)」。富士山の山梨県側、山開きのニュース | トップページ | バングラデシュの首都ダッカのレストランで起きた人質事件のニュース »