« 2016年秋の撮影旅(03)  【愛犬物語 其の四十〜四十二】 静岡県磐田市 イメージキャラクター「しっぺい」とは? | トップページ | 2016年秋の撮影旅(04) 静岡県磐田市 日本最古の木造擬洋風小学校校舎「旧見付学校」 »

2016/09/18

昨日から、二十四節気「白露」、七十二候「曼珠沙華咲(まんじゅしゃげさく)」

287a0925


これは先日訪ねた山梨県上野原市の神社で、1輪だけ咲いていた曼珠沙華です。

「曼珠沙華咲(まんじゅしゃげさく)」などという七十二候はありません。オリジナル(と言うか、勝手な)七十二候です。略本暦では、七十二候「玄鳥去(つばめさる) 燕が南へ帰って行く」になっています。

でも、田園風景の写真を撮っている俺からすると曼珠沙華(彼岸花)が目立つので、このオリジナル七十二候の方が季節を感じるからです。

二十四節気は観念的な言葉ですが、七十二候の方はより具象的事物の表現で、言ってみれば「季節あるある」なのです。だから遊んでみてもいいのではないでしょうか。俺の場合は、「曼珠沙華咲」がぴったりくるかなぁと。

ところで、埼玉県日高市の巾着田は曼珠沙華で有名な場所ですが、このパンプレットには英語名が「Red Spider Lily」となっていました。これをそのまま和訳すると「紅蜘蛛百合」。たしかにそんな名前もぴったりします。

同じものなのに、名前の付け方でより妖しさが増します。危険な香りが漂ってきます。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 2016年秋の撮影旅(03)  【愛犬物語 其の四十〜四十二】 静岡県磐田市 イメージキャラクター「しっぺい」とは? | トップページ | 2016年秋の撮影旅(04) 静岡県磐田市 日本最古の木造擬洋風小学校校舎「旧見付学校」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016年秋の撮影旅(03)  【愛犬物語 其の四十〜四十二】 静岡県磐田市 イメージキャラクター「しっぺい」とは? | トップページ | 2016年秋の撮影旅(04) 静岡県磐田市 日本最古の木造擬洋風小学校校舎「旧見付学校」 »