« 今日は二十四節気「秋分」、七十二候「雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)」 | トップページ | 2016年秋の撮影旅(08) 【愛犬物語百景 其の四十七】 三重県津市 近鉄・久居駅前の上野英三郎博士とハチ公像 »

2016/09/23

2016年秋の撮影旅(07) 【愛犬物語百景 其の四十六】 名古屋港のジロ、タロ像

160923_1

160923_2

160923_3

160923_4


名古屋港の公園に、南極観測船「ふじ」が展示されています。初代観測船の「宗谷」は、東京の海の科学館にあって、中に、タロとジロの像がある話は以前書きました。詳しくは、こちらでどうぞ。

【愛犬物語百景 其の三十六】 東京都「船の科学館」  初代南極観測船「宗谷」のタロとジロ

「ふじ」の前の広場にも、タロとジロの像がありました。「宗谷」のタロ、ジロは、可愛らしいぬいぐるみだったのですが、こちらはたくましい姿で、実物とより似ている像だと思います。

「タロ、ジロは、昭和31年の第一次南極地域観測隊のソリ犬として活躍し、第二次隊の越冬中止で昭和基地にやむなく残されたが、極寒の地で一年間見事に生き抜き、我々に夢と希望と勇気を与えてくれた。南極観測船「ふじ」が名古屋港に係留保存されたのを機会にこの地に像を建立し、永くその功績を称えるものである。」

と、日本語と英語で刻まれています。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 今日は二十四節気「秋分」、七十二候「雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)」 | トップページ | 2016年秋の撮影旅(08) 【愛犬物語百景 其の四十七】 三重県津市 近鉄・久居駅前の上野英三郎博士とハチ公像 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は二十四節気「秋分」、七十二候「雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)」 | トップページ | 2016年秋の撮影旅(08) 【愛犬物語百景 其の四十七】 三重県津市 近鉄・久居駅前の上野英三郎博士とハチ公像 »