« 【愛犬物語 其の五十七】 兵庫県宝塚市 介助犬シンシアの像 | トップページ | 【愛犬物語 其の五十八~五十九】 岡山県岡山市 岡山駅前と吉備津彦神社の桃太郎像 »

2016/11/07

今日は、二十四節気の「立冬(りっとう)」、七十二候「山茶始開(つばきはじめてひらく)」

151108_1

151108_2


いよいよ「立冬」です。

この前も書きましたが、今年は夏が長かったせいで秋が短く、最近は師走の寒さもあって、冬が早いように感じます。今年は雪が多いという予報もあります。関東では年を越した1月、2月に大雪になる場合が多いということです。注意しなければなりません。

また、七十二候は「山茶始開(つばきはじめてひらく)」です。

山茶花(サザンカ)の花が咲き始めるころという意味です。

ただ、山茶花と椿(ツバキ)は混同されがちだそうで、素人に見分けは難しい。なので、上に掲載の紅白の花が、どっちなのか、正確にはわかりません。

「漢字表記の山茶花は中国語でツバキ類一般を指す山茶に由来し、サザンカの名は山茶花の本来の読みである「サンサカ」が訛ったものといわれる。もとは「さんざか」と言ったが、音位転換した現在の読みが定着した。」(Wiki参照
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 【愛犬物語 其の五十七】 兵庫県宝塚市 介助犬シンシアの像 | トップページ | 【愛犬物語 其の五十八~五十九】 岡山県岡山市 岡山駅前と吉備津彦神社の桃太郎像 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【愛犬物語 其の五十七】 兵庫県宝塚市 介助犬シンシアの像 | トップページ | 【愛犬物語 其の五十八~五十九】 岡山県岡山市 岡山駅前と吉備津彦神社の桃太郎像 »