« 【愛犬物語 其の百三】 神奈川県大磯町 旧吉田茂邸の愛犬たちの墓碑 | トップページ | 【愛犬物語 其の百五】 静岡県三島市 円明寺の孝行犬の墓碑と犬像 »

2016/12/02

【愛犬物語 其の百四】 神奈川県熱海市 オールコックの愛犬トビーの碑

160122_2(熱海市 駅前路地)

160125_2(熱海市 起雲閣)

161202_21

161202_22

161202_23


熱海市の、大湯間欠泉跡に建つオールコック(イギリスの初代駐日総領事)の愛犬「トビー」の碑を訪ねました。

オールコックは、安政6年(1859)、軍艦で長崎を経由で江戸湾に入り、日本に着任しました。

当初オールコックの日本に対する印象は悪かったようで、

「外来者たちを迫害することにかけては熱心な、奇怪でもあり野蛮でもある人種の住まう一群の島々」(『大君の郡』より)

と言っています。

オールコックは、スコッチテリアのトビーという名の愛犬を連れてやってきました。世界の果てに来たと思っていたオールコックを慰めてくれるのがトビーの存在でした。

オールコックの、日本人に対する評価が変わったのは、熱海での事故がきっかけだったようです。

外国人としては初めて富士山登山をしたオールコックは、帰途熱海に立ち寄りました。熱海滞在10日目、トビーが熱湯を浴びて死んでしまうのです。

宿泊先の本陣の庭にトビーの亡骸を埋めさせてほしいというと、日本人たちは同族の者が死んだかのように集まってきて、僧侶が水と線香を持ってきて、墓石が建てられました。

あとで碑を建てたいというと本陣の主人は快諾してくれました。

高さ70cmほどの「Poor Toby(薄幸なトビー),23 Sept.1860」と、富士山登山と熱海訪問の、2つの碑が、トビーの墓の脇に建てられました。

このようにトビーの死をきっかけにして、親切にしてくれた熱海の人たちに接して、オールコックは日本人に好意を持つようになりました。

その後、地震などで墓は行方不明になりましたが、ふたつの碑は残っています。間欠泉も大正時代からお湯を噴出しなくなりましたが、ふたつの碑は時々上がってくる蒸気を浴びています。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 【愛犬物語 其の百三】 神奈川県大磯町 旧吉田茂邸の愛犬たちの墓碑 | トップページ | 【愛犬物語 其の百五】 静岡県三島市 円明寺の孝行犬の墓碑と犬像 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【愛犬物語 其の百三】 神奈川県大磯町 旧吉田茂邸の愛犬たちの墓碑 | トップページ | 【愛犬物語 其の百五】 静岡県三島市 円明寺の孝行犬の墓碑と犬像 »