« 羽田圭介著『コンテクスト・オブ・ザ・デッド』と、ドラマ『ウォーキングデッド』のゾンビ | トップページ | 正月まであと28日 »

2016/12/29

ボクは夢の中では天才かもしれない

161229


ヴィーノは良く眠りますね。周りの気配に起きてるので、熟睡している時間は少ないのかもしれませんが。

熟睡しないのは、周りに敏感であることが、敵の発見を速めて、生き残る確率を上げるということなんでしょうが。眠りが浅いのでヴィーノは夢もよく見ているようです。

とにかく犬を見ていると、眠るために生まれてきたのでは?とさえ思うくらいです。

ライオンも寝て過ごす時間が長いですが。それは狩りに使うエネルギーを蓄えるために、日ごろは無駄なエネルギーを使わないようにしているのだそうです。

おそらく犬(ヴィーノ)も、そんな狩りの習性が残っているものと思われます。

人間も含めて犬も「動物」と呼ばれるくらいなので、覚醒し、意識を持って活動しているのが本来の「動物」の姿であって、無意識状態で眠っているときの姿は、たんなる「休憩しているにすぎない」と考えるのが普通ではないかと思います。

でも、もしかしたらそうではないのかもしれないのです。

「脳」の立場(そんなもんあるか?)になってみたらどうでしょうか。そうすると、エネルギー消費が大きい脳は、別に、起きていなくても活動はできているわけですね。

脳の持ち主の知らないところで、ずっと活動しているのが脳です。俺たちは、自分の脳の活動のすべてを意識しているわけではありません。自分でありながら、知らないことだらけです。眠っていたらなおさらです。

前から気になったことですが、「ひらめき」というのが、たまに生まれますよね。

それは突然生まれたかのように感じていますが、そう感じているのは、俺の意識だけで、無意識では、ずっと考えていたことなのかもしれないのです。

夢の中ですでに考えていたことを、起きているときに改めて、突然、何かの拍子で思い出すことではないか、と想像するわけです。それが「ひらめき」ではないかと。

だから「天才」と言われる人は、無意識で考えていたことを意識化できる人で、「凡人」と呼ばれる人は、意識化できない人なのかもしれません。

夢の中ではみんな「天才」であっても、意識レベルで優劣が現れるのではないかなと。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 羽田圭介著『コンテクスト・オブ・ザ・デッド』と、ドラマ『ウォーキングデッド』のゾンビ | トップページ | 正月まであと28日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 羽田圭介著『コンテクスト・オブ・ザ・デッド』と、ドラマ『ウォーキングデッド』のゾンビ | トップページ | 正月まであと28日 »