« 『全国の犬像をめぐる : 忠犬物語45話』のカバーが決まりました | トップページ | 今日は、二十四節気「清明」、七十二候「玄鳥至(つばめきたる)」 »

2017/04/02

【愛犬物語 其の百二十二】 神奈川県横浜市 杉田八幡の不思議な和様狛犬

170331_1

170331_2

170331_3

170331_4

170331_5


横浜市地域有形文化財に指定されている杉田八幡神社の狛犬です。これは「犬像」といえるのかどうか、微妙ですが。

杉田神社は、京急本線 杉田駅から商店街を抜け、国道16号線を南に数分歩いたところにあります。

鳥居をくぐって階段を上ると、この狛犬が鎮座しています。

横浜市教育委員会の解説看板によると、

「『新編武蔵風土記稿』によれば、八幡社(八幡神社)のとなりに妙観寺があり、社の別当でした。明治初年、神仏分離によって寺は別当職を解かれました。
 神社拝殿前に左右一対に置かれている和様狛犬には、元禄五年の銘が背に刻まれています。この狛犬は、背に銘があること、獅子の形をとっていないことなどたいへん珍しいものです。」

と、あります。いわゆる一般的な狛犬の姿ではなく、かといって犬ともいいづらいような、不思議な姿をした狛犬です。阿形の顔が欠けているので、たらこ唇のように見えてしまいます。でも造形的にすばらしい。こういうのはちゃんと評価しないと。

これは「犬像」としては微妙なラインですが、面白い形なので、次の犬像の本(いつになるかな?)には掲載することになると思います。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 『全国の犬像をめぐる : 忠犬物語45話』のカバーが決まりました | トップページ | 今日は、二十四節気「清明」、七十二候「玄鳥至(つばめきたる)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『全国の犬像をめぐる : 忠犬物語45話』のカバーが決まりました | トップページ | 今日は、二十四節気「清明」、七十二候「玄鳥至(つばめきたる)」 »