« 中国で日本人が多数拘束されているというニュース | トップページ | 犬の巣穴 「夢日記」から »

2017/05/25

【愛犬物語 其の百三十一】 埼玉県川口市  鎮守氷川神社 富士塚の「撫で犬」

170522_1_2

170522_2_2

170522_3_2

170522_4

170522_5

170522_6

170522_7

170522_8


富士山に登ってきました。

と、言っても、富士塚です。埼玉県川口市の 鎮守氷川神社にあります。

江戸時代には富士・浅間信仰が流行りましたが、富士山まで行けない人のために作られた小型富士山の「富士塚」。ここに登ると、実際に富士山に登ったのと同じ御利益があるという考え方です。

鎮守氷川神社の富士塚は、「月三講」という講社が万延元年(1860年)に築造したものです。

富士山をご神体とする富士山本宮浅間大社と同じ、木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)が祀られています。木花開耶姫命は安産の神様でもあり、山に登ることで、安産・子育て・家内安全・厄除・病気平癒などの願いがかなうと言われています。

高さは、境内敷地から5mほどでしょうか。参道はコンクリート製で階段もあって登りやすい。てっぺんに奥宮と、黒い「撫で犬」の像が横たわっています。解説看板によると、

撫でると

母犬・ ・ ・安産
子犬・ ・ ・子育て・子宝
親子・ ・ ・家内安全

のご神徳があらたかです。

と、あります。

東京の水天宮にも安産に御利益があると言われる「子宝犬」が鎮座していましたが、犬も、多産・安産を象徴するものです。各地の「犬塚」も「安産」と結びついているところが多いようです。

なお、境内には、4畳ほどの広さの「神餞田(しんせんでん)」があります。秋の新嘗祭の時に神様にお供えする稲を育てる場所で、神聖な田んぼです。田植えが行われたばかりのようで、高さ10cmほどの苗がゆらゆらと揺れていました。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 中国で日本人が多数拘束されているというニュース | トップページ | 犬の巣穴 「夢日記」から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国で日本人が多数拘束されているというニュース | トップページ | 犬の巣穴 「夢日記」から »