« 【愛犬物語百景 其の百二十四】 東京都 代々木八幡 出世稲荷社の狼像 | トップページ | 【愛犬物語百景 其の百二十六】 茨城県石岡市 17年間、主人を待ち続けた忠犬タローの像 »

2017/05/10

【愛犬物語百景 其の百二十五】 東京都四谷 須賀神社の狛犬

170510_1

170510_2

170510_3

170510_4

170510_5


四谷にある須賀神社を参拝しました。

そしたら、けっこう参拝者が多く、アジア系外国人たちも急な階段で写真を撮っているし、なぜかな?と思ったら、ここは「聖地」だったんですね。

去年話題になったアニメ映画『君の名は』のラストシーンとポスターに、この階段が登場するのだそうです。映画を観ていないので知りませんでした。

須賀神社を訪ねたのは、かっこいい狛犬像があると聞いたからでした。

その狛犬は、祖霊社の横、社務所へ向かう通路の両側に1対鎮座していました。

高さは40cmくらいでしょうか。そんなに大きくはないのですが、造形的にすばらしい。たしかに、かっこいい狛犬です。ちょっと東南アジア的な匂いも感じます。どういうルーツなんでしょうか。

ただ、これは「犬像(オオカミ像)」ではないかもしれないので、【愛犬物語百景】として取り上げるのは例外です。

ところで、須賀神社は、「三十六歌仙繪」でも有名です。

三十六歌仙繪は、天保七年に描かれ、それぞれの歌人の肖像画に代表作一首を書き添えたもので、鎌倉時代から江戸時代にかけて隆盛をみたそうです。戦時中、金庫の中に納められていたので災火を免がれ、残ったそうです。

本物は本殿内にありますが、境内にはその絵の写真と解説が展示されています。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 【愛犬物語百景 其の百二十四】 東京都 代々木八幡 出世稲荷社の狼像 | トップページ | 【愛犬物語百景 其の百二十六】 茨城県石岡市 17年間、主人を待ち続けた忠犬タローの像 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【愛犬物語百景 其の百二十四】 東京都 代々木八幡 出世稲荷社の狼像 | トップページ | 【愛犬物語百景 其の百二十六】 茨城県石岡市 17年間、主人を待ち続けた忠犬タローの像 »