« 【愛犬物語 其の百二十八】 栃木県那須塩原市 小太郎ケ渕の犬像 | トップページ | 『全国の犬像をめぐる : 忠犬物語45話』のチラシができました »

2017/05/19

【愛犬物語 其の百二十九】 宮城県村田町 白鳥神社の狆の狛犬と「奥州の蛇藤まつり」

170519_1

170519_2

170519_3

170519_4

170519_5

170519_6

170519_7

170519_8


宮城県村田町の白鳥神社に狆の狛犬像があると知って訪ねました。(「狛犬の杜」のHP参照) 

拝殿の両側に一対の狛犬像が鎮座しています。たしかに垂れ耳、鼻ぺちゃ、狆のような顔の狛犬ですが、由来がわからないそうで、はっきりしません。少なくとも「普通の狛犬」とは違っているようですが…。

右側に鎮座する狛犬の顔は、どこかで見たんですよね。誰かと似ています。誰だったか思い出せません。目が若干青い。外国人だったか、どうだったか。

ところで、ちょうどこの日(先週の日曜日、5月14日)、「奥州の蛇藤まつり」で、俺は「もってるな」と思ったわけですが、狆の像も可愛くて良かったのですが、舞台で披露されていた日本舞踊もなかなか良かったのです。とくに「藤娘の舞」は。

「奥州の蛇藤」とは何か?

鳥居のところに、参道をふさぐような形で、大きな藤の幹が、うねるように横たわっています。樹齢800年以上、長さ約25mの巨大な藤の木です。これは村田町指定天然記念物の藤で、解説看板によれば、

「平成4年、日本樹木保護協会により樹勢回復の治療が行われた。 前九年の役の際、源義家が父頼義に従って東征し、この付近で敵軍に追い込まれ窮地に陥った時、このフジが大蛇に化けて敵兵を敗退させたという伝説から「奥州の蛇藤」と言われている。」

とあります。高いところにも藤の花が咲いていたので、全体を見るために参道入り口まで下がりました。見事な藤の木です。

蛇藤の横には樹齢3000年とも言われる大けやきの巨木もそびえています。


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 【愛犬物語 其の百二十八】 栃木県那須塩原市 小太郎ケ渕の犬像 | トップページ | 『全国の犬像をめぐる : 忠犬物語45話』のチラシができました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【愛犬物語 其の百二十八】 栃木県那須塩原市 小太郎ケ渕の犬像 | トップページ | 『全国の犬像をめぐる : 忠犬物語45話』のチラシができました »