« 今日は、二十四節気「小満(しょうまん)」、七十二候「蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)」 | トップページ | 「棚田の四季」のウェブサイト »

2017/05/21

【愛犬物語 其の百三十】 東京都 骨董品のニッパー像

170522_3

170522_1

170522_2


ポスターを持って行ったら、犬像イベントを行う予定のギャラリーのオーナーが、骨董の「ニッパー」像を探し出してくれました。

オーナーが、これを手に入れたのは、10数年前です。何年前に作られた像かはわかりませんが、前の持ち主も首をボンドでくっつけようとしたらしく、首の周りには大量のボンドが残っています。

今は瞬間接着剤もあるし、なんとか元通りに直るのではないでしょうか。

色もところどころはげて、いい味を出しています。銅像、石像の犬像もそうですが、時間経過とともに、深みが増してくるのはどうしてでしょうか。像とはそんなものなのかな。

Wikiによると、ニッパーは、

「絵画『His Master's Voice』のモデルとなったイヌ。蓄音機に耳を傾けるニッパーを描いたその絵画は、日本ビクター(現・JVCケンウッド)やHMV、RCAなどの企業のトレードマークとして知られる。」

とあります。

犬像を撮影するようになってから、いずれビクタースタジオ前のニッパー像も、と思っていたのですが、なかなか機会がなくて、いまだに撮っていません。

そしたらその前に、骨董のニッパーに出会ってしまいました。

犬像のイベントでは何か犬像を飾ろうと思っていたので、これを借りられそうです。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 今日は、二十四節気「小満(しょうまん)」、七十二候「蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)」 | トップページ | 「棚田の四季」のウェブサイト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は、二十四節気「小満(しょうまん)」、七十二候「蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)」 | トップページ | 「棚田の四季」のウェブサイト »