« 今日は、二十四節気の「夏至(げし)」、七十二候は「乃東枯(なつかれくさかるる)」 | トップページ | 【愛犬物語百景 其の百四十八】 静岡県浜松市 山住神社のお犬さまは家康を救った? »

2017/06/22

【愛犬物語百景 其の百四十七】 岐阜県恵那市 中山神社の土製のお犬さま

170621_1_2

170621_2_2

170621_3_2

170621_4_2

170621_5


岐阜県恵那市の山中に「お犬さま」信仰が息づく中山神社が鎮座しています。

ここは、数年前に紅葉の時期に訪ねています。ヴィーノを連れて日本一周しているときでした。

今回は霧雨が降り、境内の雰囲気は神秘的なものでした。

中山神社の何が面白いのかというと、拝殿横に造形的にも優れている独特のお犬さま像があるから。ここでもオオカミが神使です。そして土製の「お犬さま」もユニークなものです。

『狐憑きを祓うおいぬ様信仰』と神崎かず子氏の『陶製狛犬の伝来と民俗習慣に関する報告一「陶磁のこま犬百面相」展拾遺一』を参考に要約すると、

秩父の「お犬さま」は紙に刷ったお札ですが、中山神社では土焼き製の犬像をお借りすることができるのです。髙さ5~10cmくらい、鉄紬や瓦製のものが主で、細長い口吻部、長く直立した尾。狐と見間違えるようなお姿です。

ここの「お犬さま」はとくに、狐憑きを祓う効果がある、魔除けにもなるといわれています。

今ではあまり聞かなくなりましたが、「狐に憑かれた」とか「狐憑き」とは、狐の霊に取り憑かれたと言われる人の精神の錯乱した状態で、今でいうと精神病の一種と考えられる症状です。

お祓いを受けて、狐の霊を追い出すことで治そうとした、ということです。その効果があると信じられたのが中山神社のお犬さまです。

10月の例大祭のときに、その狛犬を持参してお祓いをしてもらい、自宅に持ち帰って祀り、病気が治ればその狛犬を翌年神社に返します。ただその時は、倍の数(2体)を返すことになっています。

昔からこの中山神社のお犬さまの効果は知られていたらしく、日本各地から、ここのお犬さまの狛犬が発見されているという。

神社の境内には、お犬さまを祀った祠が設けられています。お犬さまが10体ほど並んでいました。素朴な美しさがあります。去年の例大祭で返されたものでしょうか。
 
 
 

 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 今日は、二十四節気の「夏至(げし)」、七十二候は「乃東枯(なつかれくさかるる)」 | トップページ | 【愛犬物語百景 其の百四十八】 静岡県浜松市 山住神社のお犬さまは家康を救った? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は、二十四節気の「夏至(げし)」、七十二候は「乃東枯(なつかれくさかるる)」 | トップページ | 【愛犬物語百景 其の百四十八】 静岡県浜松市 山住神社のお犬さまは家康を救った? »