« 【愛犬物語 其の百四十五】 日比谷公園内の「ル-パロマ-ナ」(ローマの牝狼) | トップページ | 岐阜県高山市・恵那市 「田毎の月」 »

2017/06/19

【愛犬物語 其の百四十六】 岐阜県下呂市 西上田神社のテディベアのような犬像

170619_1

170619_2

170619_3

170619_4

170619_5

170619_6

170619_7


下呂市、西上田神社の境内には、少なくとも3対、6体の子犬型狛犬がいらっしゃいました。それぞれが個性的で、造形的にも優れたもので、じっくり見ていても飽きません。

とくに、階段上った左側に鎮座する狛犬は、子犬や子熊型で、しかも、顔の部分を中心に地衣類や苔類でおおわれ、まるでふさふさの毛が生えている「テディベア」のようです。可愛らしいです。つぶらな目のようなものもあります。

ほかには「おっさん顔」の狛犬もいたり。

さらに境内右奥には、山ノ神の文字碑がたくさん並べられて祀られていますが、ここにも両側には一対の犬像が守っています。首から肩にかけて渦巻き状の線刻があり、これは「たてがみ」の表現なのかもしれません。

すべては、飛騨高山地方でよく見る小型の犬像ですが、どういった由来があるのか、よくわからないようです。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 【愛犬物語 其の百四十五】 日比谷公園内の「ル-パロマ-ナ」(ローマの牝狼) | トップページ | 岐阜県高山市・恵那市 「田毎の月」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【愛犬物語 其の百四十五】 日比谷公園内の「ル-パロマ-ナ」(ローマの牝狼) | トップページ | 岐阜県高山市・恵那市 「田毎の月」 »