« 仁科邦男著 『伊勢屋稲荷に犬の糞 江戸の町は犬だらけ』を読んで | トップページ | 【愛犬物語 其の百六十九~百七十】 東京都武蔵野市 狼伝説の「犬むすびの松広場」&中町三峰神社 »

2017/07/17

夢日記 「人型の光」

170716


久しぶりで印象的な夢を見ました。

----------------------------------------------------------

同心円状に後光を発している人型をした光が見えた。

男の上半身らしい。

それを見て、俺は「この人は知っている」と思った。

神々しい感じで、胸が苦しくなる。

----------------------------------------------------------

この神々しく光る人型を見て、俺は「知っている」と思っています。そこには、何か物語があって、それが救いになっている(知っている)、といった意味ではないかなと、解釈します。

最近は、オオカミ伝説や犬の忠犬物語を探していますが、あまりそれが史実かどうか、ということにはこだわらなくなりました。

ただ、それが語られている、ということが何らかの意味があり、その語る人たちにとっては大切なのです。きっと心の現実を表しているからでしょう。

昔話だけではありません。たとえそれが幻想であっても、ある物語を信じることは、生きる希望を持つためには必要とも言えます。
 
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 仁科邦男著 『伊勢屋稲荷に犬の糞 江戸の町は犬だらけ』を読んで | トップページ | 【愛犬物語 其の百六十九~百七十】 東京都武蔵野市 狼伝説の「犬むすびの松広場」&中町三峰神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仁科邦男著 『伊勢屋稲荷に犬の糞 江戸の町は犬だらけ』を読んで | トップページ | 【愛犬物語 其の百六十九~百七十】 東京都武蔵野市 狼伝説の「犬むすびの松広場」&中町三峰神社 »