« ホンダ N-BOX のCMに出てくる棚田は、石川県輪島市白米千枚田 | トップページ | 今日は旧暦「七夕」、二十四節気「処暑」、七十二候「天地始粛(てんちはじめてさむし)」 »

2017/08/27

【愛犬物語 其の百八十五】 神奈川県川崎市 子母口 橘樹神社の子連れお犬さま像

170826_1(橘樹神社)

170826_2(橘樹神社 新像)

170826_3(橘樹神社 新像)

170826_4(橘樹神社 石碑「日本武(やまとたける)の松」前の旧像)

170826_5(橘樹神社 旧像)

170826_6(橘樹神社 拝殿にお供えされた餅)


川崎市高津区子母口(しぼぐち)の橘樹(たちばな)神社を訪ねました。静かな住宅街のなかにあります。

昔、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征のとき、海が荒れていたので、海神の怒りを鎮めようと、妃の弟橘媛(おとたちばなひめ)が海に身を投じました。ここに媛が身につけていた着物・冠が流れつき、冠塚を造り、武尊は帰りにこの場所に立ち寄って、媛をまつる社を建てたそうです。

ここは高台になっていますが、伝説の、媛が身につけていたものが流れついたという話が、現在の地図を見ると、違和感を覚えましたが、昔は、近くまで海が迫っていたそうで、なるほどと思います。

子連れの像が2対鎮座します。1対は新しい像で、拝殿前にあり、平成2年(1990)に造られたものです。

境内の左手、山岡鉄舟の書による石碑「日本武(やまとたける)の松」の前左右に、先代の像が護っていますが、こちらは明治13年(1880)に造られたもので、新しい像のコピー元だそうです。

子連れの像は、本来なら日本武尊に縁があるなら眷属の狼(お犬さま)像なのでしょうが、ほとんど犬のように見えます。

これは犬なのか、狼なのかという気になる部分はありますが、そこは「お犬さま」の特徴でもある、生物学的な区別とは関係なく、あくまでも信仰のイメージということでしょう。

「子連れ」というのは、地名の「子母口」からの連想だという説や、日本武尊と弟橘媛との夫妻が縁結び(子宝)にご利益があるからという説があるようですが、よくわかりません。

神社の近くには、子母口貝塚、子母口富士見台古墳もあります。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« ホンダ N-BOX のCMに出てくる棚田は、石川県輪島市白米千枚田 | トップページ | 今日は旧暦「七夕」、二十四節気「処暑」、七十二候「天地始粛(てんちはじめてさむし)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホンダ N-BOX のCMに出てくる棚田は、石川県輪島市白米千枚田 | トップページ | 今日は旧暦「七夕」、二十四節気「処暑」、七十二候「天地始粛(てんちはじめてさむし)」 »