« 【愛犬物語 其の二百一】 山形県高畠町 安久津八幡神社 狛犬か?狼像か?高安犬像か? | トップページ | 【愛犬物語 其の二百三】 山形県鶴岡市 忠犬ハチ公像の石膏試作品が鶴岡市に来た奇跡話 »

2017/10/27

【愛犬物語 其の二百二】 山形県高畠町 犬の宮・猫の宮

171028_1

171028_2

171028_3

171028_4

171028_5

171028_6

171028_7

171028_8

171028_9


安久津八幡神社から車で数分のところに、犬の宮・猫の宮が鎮座します。

犬の宮は、去年も参拝し(ヴィーノも)、『全国の犬像をめぐる』にも収録した社です。だから1年半ぶりです。

戸川幸夫の『高安犬物語』の文学碑があるのは犬の宮への参道わきです。

「人年貢」を強要していた役人(実は2匹の大狸と多数の荒狸でした)を退治して村人を助けた伝説の犬、みっけ犬・しっけ犬由来の犬像もそのままです。この犬たちは甲斐から借りてきた犬だったらしく、高安犬の特徴が残っているようです。

犬張子を思わせるたくましい体型ですが、両方の犬像とも、片耳が欠けてしまっているのは残念です。

その奥に一体だけ置かれている由来不明の石像も健在でした。前回、気に入った石像です。

たぶん、尻尾の巻き方から犬像だと思うのですが、ここを管理している寺の住職も由来はわからず、

「犬の好きな人が奉納したんでしょうね。かなり昔だと思います」

とのことです。

何度も言うようですが、人工物が自然に帰っていく姿には心打たれるものがあります。

猫の宮もそのままでしたが、今回あることに気が付きました。昔は、猫の宮と犬の宮の参道が一直線でつながっていたようなのです。昔の参道らしい草むらには、古い碑が立っていました。

猫の宮には、写真などいろんなものが奉納されています。愛猫の好物だったのか、缶詰もありました。飼い主さんの愛情を感じます。
  
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 【愛犬物語 其の二百一】 山形県高畠町 安久津八幡神社 狛犬か?狼像か?高安犬像か? | トップページ | 【愛犬物語 其の二百三】 山形県鶴岡市 忠犬ハチ公像の石膏試作品が鶴岡市に来た奇跡話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【愛犬物語 其の二百一】 山形県高畠町 安久津八幡神社 狛犬か?狼像か?高安犬像か? | トップページ | 【愛犬物語 其の二百三】 山形県鶴岡市 忠犬ハチ公像の石膏試作品が鶴岡市に来た奇跡話 »