« 2017年10月 | トップページ

2017/11/20

ヴィーノの小っちゃぃ脳が悪さをする

Vinomri01

171116_1

171116_2


今年に入って、これは普通ではないなと思うような行動(症状)が出て、夏から秋にかけて動物病院で検査を受け、体的には異常がなく(むしろ内臓関係はすばらしいとお墨付きをもらったくらいです)、もしかしたら癲癇発作ではないかという見立てになりました。

そういえば、床を嘗め回して最後には吐くという異常行動が出たのは、今から数年前だと思いますが、ただ、その晩だけで、あとは何事もなく普通に生活していたので、たまたま、何か悪いものでも食べたんだろう、くらいに思っていました。実際、その症状は、1年に1回くらいだったので、ほとんど気にならなかったのです。

ところが、その頻度が、この夏ころからひどくなってきました。それと決定的だったのは、体が突然硬直し、糞尿を垂れ流し、口から泡を吹いて、痙攣することです。3回ありました。

動物病院でもらった薬を飲み始めたとき、その薬の副作用なのか、今度は普段の行動がおかしくなってきました。医者によると、薬でそんな症状が出ることはないということで、もしかしたら、認知症を併発している可能性も出てきました。

まだ10歳ですが、若年性認知症は人間にもあるくらいなので、犬にもあるとのこと。何かタガが外れたというか、赤ちゃん返りをしてしまったようです。本能がむき出しになったような。

昼夜逆転も始まって、夜騒ぐようになり、近所迷惑なので、騒がないようになだめたりしているので、熟睡できなくなっています。寝不足です。

薬を飲み続けて2か月たちましたが、発作は見られなくなったものの、何度もオシッコとウンチをして、まるで徘徊しているような姿をみると、やっぱり認知症もあるのかなぁと実感します。

11月3日にはMRIを撮りました。脳に何か異常が見つかったら、それで治療方針も変わっていくということでした。

診察室でMRI画像を見せてもらい、輪切りになった脳の画像がモニターに映し出されました。

「脳が小っちゃぃ!」というのが第一印象。ヴィーノの脳は、これだけ? これだけなのに、中で何か悪いことが起こっている。信じられません。

子どものこぶし大にも満たない魚の白子状態のモノが、人間の大人ふたりを右往左往させているのです。逆に脳ってすごいなぁと思います。

MRIや血液検査や脳髄液検査など、一応、発作関連で行われる検査すべて行いましたが、別段異常は見つかりませんでした。髄液漏れも、骨折もありませんでした。とりあえずホッとしました。

結局は、生まれつきの癲癇気質(発作を起こす刺激に対する閾値が低い)ということのようです。それと軽い認知症の併発です。

今の状況に慣れていくしかありません。体は異常がなく元気なので、脳に刺激を与えるためにも、今まで通りドライブには連れて行くことにしました。「旅犬」は健在です。

先日は、御前山手前に鎮座する鑾野御前神社まで連れていきました。紅葉の葉っぱもだいぶ落ちていました。

どこが病気なんだ?というくらい、ヴィーノは元気にリードを引っ張って上りました。

もう、以前のようには戻らないかもしれないですが、でも、今楽しいと思えることをできる範囲でやるだけです。ヴィーノも、俺たち夫婦も。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017/11/19

【愛犬物語 其の二百十】 東京都檜原村 貴布禰神社の可愛らしい狼像

171115_1

171115_2

171115_3

171115_6

171115_9

171115_4

171115_5

171115_7


鑾野御前神社から県道205号に戻り、西へ行くこと約8分、貴布禰(きふね)神社がありました。

笹久保集落の県道の山側、崖上に鎮座し、階段を上がるとすぐ鳥居をくぐります。

境内では、社殿の脇に祠と碑が何基か並んでいます。目的の狼像は、左右一番外側に置かれていました。

右側の像は胴体から頭の部分は完全に離れていて、まったく形がわかりません。完全に「オブジェ」状態です。前に置かれている石が頭の部分なのでしょうか。

左側の像は、ほぼ元の形を残しています。これも鑾野御前神社の像と同じようなタイプで、ずんぐりむっくりの「はじめ狛犬」のような、小さい耳が立っている可愛らしい狼像です。ネットであらかじめ見ていましたが、実物はもっといい。自分のアングルで見れるからなんでしょう。

台石には「宝暦十」の文字がかろうじて判別できます。

鑾野御前神社のところでも書きましたが、もし、鑾野御前神社の像が本当に「宝暦八年(1758)」の像だとすると、貴布禰神社の像は関東では3番目ということになるかもしれません。ただし、「年代が分かっているもの」ということなので、もしかしたら、今後新発見もないとは言えないでしょう。

ところで、社殿の壁には、2枚、「大嶽大口真神」のお札が貼ってありました。調べてみたら、檜原村白倉に鎮座する大嶽(おおだけ)神社のお札でした。

お札を授与しているのは里宮で、日本武尊東征のとき、大岳山頂に大嶽大神の社を建立したのが始まりとされているそうです。

ところで、境内には桜の木があり、花が咲いていました。「いったい今はいつだ?」と、一瞬季節を忘れてしまいそうでしたが、この桜は、「冬桜」で有名な城峯公園の寒桜と同じものなのでしょうか。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村


| | コメント (0)

2017/11/18

戌年イベントのDM。写真展『全国の犬像をめぐる』とスライドトークショー

Inuzou_dm

Inuzou_dm_ura


来年2018年は戌年です。なので、正月開け1月4日から16日まで戌年イベントをやります。

写真展『全国の犬像をめぐる』とスライドトークショー『全国の犬像をめぐったお話』です。

そのDMとチラシができました。

上に掲載したのがDMです。

チラシは、ギャラリー 楽風(らふ)のHP内にあります。こちらからpdfファイルをダウンロードできます。

まだ少し先の話なので、プリント作業には入っていません。もっと具体的になったら詳しく告知ページを作ります。

なお、このDMを置いてもいい、配ってもいいというギャラリーや施設関係者などいらっしゃいましたら、お送りしますので、メールください。

【企画】 日本茶喫茶・ギャラリー 楽風(らふ)
      さいたま市浦和区岸町4-25-12 電話048-825-3910
      rafu-urawa.com
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017/11/17

今日は、二十四節気「立冬」、七十二候「金盞香(きんせんかさく)」

151118(福井県越前水仙畑)


今日は、二十四節気「立冬」の末候「金盞香(きんせんかさく)」です。

七十二候でいう「きんせんか」とはキク科の金盞花(キンセンカ)ではなくて、ヒガンバナ科の水仙のこと。

写真は越前水仙の畑です。越前水仙とは、越廼村居倉を発祥の地とし、越前海岸に咲く日本水仙の総称で、房総半島、淡路島と共に日本三大群生地として知られ、特に栽培規模では日本一だそうです。

水仙の見ごろは正月ころ。吉祥をあらわす花でもあるそうです。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017/11/16

平成30年(2018)版「旧暦棚田ごよみ」発売中

Tanadagoyomi2018

Koyomi05

Koyomi07


使いづらい、だけど美しい! 始めてみよう"旧暦生活"

平成30年版「旧暦棚田ごよみ」が発売中です!

壁掛型の見開きタイプ・上部がA4サイズの棚田の写真、下部がA4サイズの旧暦カレンダー
 ※ 旧暦がわかる「ミニブック」が付いてます!

「旧暦」とは、明治5年まで日本で使われ続けてきた、月の満ち欠けを1ヶ月とした、太陰太陽暦のカレンダーです。

四季折々の棚田風景と月の満ち欠け・二十四節気・七十二候・雑節まで記載しています。 新暦の日付も小さく入っているので、日常のカレンダーとしても使えます。 平成30年旧暦一月(睦月)は、新暦2月16日からはじまります。

          --------------------------------------------

「旧暦棚田ごよみ」を作り始めて数年が経ちました。今まで新暦(太陽暦)を使うことに疑問を持つこともなく普通に生活してきましたが、旧暦を意識するようになったら、時々世界が違って見えるようになりました。たかが暦でそんなことがあるのか?と、思われる方もいるでしょう。

旧暦は月の満ち欠けの周期を一ヶ月とし、太陽の動きで季節を知る太陰太陽暦です。明治五年まで、約千三百年もの間日本で使われてきた先人の知恵の詰まった暦です。ただ旧暦は、年ごとに季節の日付が違うし、複雑に閏月を入れて日数の調整をしなければならないなど、正直使いづらい面もあります。

でも、人間は意識しないとわからないものがあります。使いづらいことが、かえって日付や季節や月の満ち欠けを意識させてくれるのです。

今まで新暦では普通にやり過ごしていたことが、突然やり過ごせなくなってきます。いちいち月齢や二十四節気や七十二候などを確かめる癖がつきました。棚田へ行ったときには、稲や花の微かな匂いにも敏感になった気がするし、虫の羽音や蛙の声に耳を傾けるようにもなりました。たかが暦、されど暦なのです。

昔は勝手に暦を作ることは許されませんでした。天の動きを正確に把握し暦を作ることは、人々に社会の安定を約束するものでした。暦を作ることは大切な仕事で、権力者が独占していたのです。

暦が私たちの生活に影響を与えるのは今も昔もかわりません。使いづらい「旧暦棚田ごよみ」で、より自然を意識し、日々の暮らしの中で季節感を取り戻すのはそれほど難しくはありません。

明治六年の改暦からまだ一四四回しか使っていない新暦に比べて、日本人が旧暦に親しんできた歴史はずっと長いのです。

          --------------------------------------------

表紙は、_【福岡県八女市 鹿里の棚田】
旧星野村の鹿里集落は18軒・約50名の小さな集落である。秋には「彼岸花祭り」が開かれる。あぜ道に連なる彼岸花が、まるで紅いチェーンのように棚田を飾り、黄色い稲とのコントラストが美しい。

一月 【秋田県仙北市 上桧木内の棚田】
秋田県北秋田市の鷹巣駅から仙北市の角館駅に至る秋田内陸線とともに走っている国道105号線沿いで出会った棚田。春先の雪融けの棚田にフキノトウが芽吹く。雪を踏みしめながら棚田を見下ろす高台に立つ。

二月 【埼玉県東秩父村 大内沢の棚田】
埼玉県は棚田が比較的少ない県だが、秩父には何ヵ所か棚田がある。そのうちの一カ所が大内沢の棚田だ。ここはまた花桃の里でもあり、このあと、満開のピンク色をした花桃が咲き、桃源郷のように美しい集落に変わる。

三月 【岩手県遠野市 撮影地不明】】
遠野盆地は民話の里でもあり、民話ゆかりの場所が点在する。また南部曲がり家の千葉家住宅などの歴史的建造物があり、近くの山際に拓かれた棚田では、水が入れられて、代掻き作業が始まっていた。

四月 【愛媛県内子町 泉谷の棚田】
内子町の中心地から車で約30分。山の中にある泉谷は標高470mあり、95枚の棚田が広がっている。夕方には夕陽が水面に映り、あぜ道はシルエットになって、棚田らしい曲線美を見せてくれる。

五月 【岐阜県飛騨市 種蔵の棚田】
種蔵は、国道からは上の方にあるので、車の騒音も聞こえない静かな集落である。石積棚田の中に、穀物を貯蔵する「板倉」と呼ばれる倉庫が点在する。昔は各家1棟を持っていたというが、今集落内に残っているのは20棟。

六月 【大阪府能勢町 長谷の棚田】
三草山のふもとの斜面が棚田になっている。ここで特徴的なのは「ガマ」という、横穴式の石組みのトンネルを用いた水路があること。美しい里山の風景の中に、「ガマ」の技術が隠されていることを知ると、また違った風景に見えてくる。

七月 【新潟県十日町市 留守原の棚田】
国道405号線にある留守原の棚田は、作業小屋が建っていることで格好の写真撮影ポイントになる。夏の日差しの中訪ねると、稲は緑色からじゃっかん黄色みが増していて、もうすぐ収穫時期であることを思わせる。

八月 【愛媛県西予市 遊子谷の棚田】
旧城川町には昔お遍路さんの休憩場所としても使われた「茶堂」が多く残っているが、たまたまある茶堂へ向かっていたときに偶然に出会った棚田。黄金に色着いた田んぼを背景に、黒アゲハが彼岸花を飛びまわっていた。

九月 【大分県玖珠町 戸畑の棚田】
県道54号線を走っていた時、山の稜線に数基の風力発電のプロペラが並んだ風景を写真に撮ろうと思って止まったら、そこは玖珠川の支流に沿って広がる棚田でもあった。集落の周りは細長い盆地で、すべて階段状の棚田になっている。

十月 【新潟県小千谷市 川井の棚田】
すがすがしい秋日。ハザ木に架けられた稲束から漂う稲の匂いが懐かしさを倍増する。新潟ではこういった何段か横に稲を架けるハザ木が使われる。日本一の米どころである越後平野の秋の風物詩だ。

十一月 【愛知県新城市 四谷の棚田】
駐車場のある南側に立つと、山の斜面の下から上へ向かって続くダイナミックな棚田が俯瞰できる。一方、県道を登っていき上部から見ると、かなり急斜面に石を積んで作られた棚田であることがわかる。

十二月 【長野県長野市 栃倉の棚田】
「棚田百選」にも選ばれている北アルプスが一望できる棚田は虫倉山のふもとに位置する。棚田オーナー制度も取り入れて、耕作放棄が少ない地区だ。前日の夜降った雪でうっすらと雪化粧をした風景にハッと息を呑む。
 
 
 
【平成30年版「旧暦棚田ごよみ」特設サイト】
https://tanada.or.jp/tanada_goyomi/

【ご購入はこちらから(クレジットカード・コンビニ・銀行振込・携帯キャリア・後支払い 決済対応)】
https://tanadanet.buyshop.jp/

【Amazonでも購入できます!】
https://www.amazon.co.jp/dp/B076MGG6BP/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_v6T.zb8GNQDTT
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017/11/15

「山と渓谷」2017年12月号で『狼信仰を訪ねる旅』を執筆

171113


雑誌「山と渓谷」12月号では『狼信仰を訪ねる旅』を執筆しました。お犬さま(狼)像の写真も掲載しています。

山の雑誌ということもあって、山に鎮座する神社を中心に書きました。秩父や奥多摩の登山で出会った祠の前に、もし、小さな石像があったら、それは狼像かもしれません。

今回は、地域も絞って、主に埼玉県と山梨県が中心です。

埼玉県は、お犬さま(狼)のお札を最初に配り始めた三峯神社のこと。江戸と三峯のつながりについて、三峯山博物館名誉館長の山口民弥さんにお聞きした話を書いています。

また、山梨県は東京都との境、丹波山村の七ツ石神社の話題です。当ブログでも、何度か書いています。

崩壊寸前の神社は、今年8月下旬、「七石権現社旧社地」として村指定文化財に登録されました。来年4月ごろには発掘作業が行われて、登山道の整備とともに、社殿が再建されることになっています。お犬さま像も、なんらかの形で修復予定だそうです。

今回は数社のお札と、11社の狼像しか掲載していませんが、全国のお札と像をズラーッと並べたら壮観かもしれません。ぜひ、単行本化をお願いしたいですね。


山と渓谷のページはこちらです。
山と渓谷2017年12月号"
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017/11/14

武甲山を目の前にした寺坂の棚田

171117


昨日は、久しぶりに秩父へ行ってきました。

ヴィーノ連れで、長瀞町や皆野町のお犬さま像をめぐりました。何度も秩父へ行っていますが、まだお犬さま像はたくさんあります。

予想以上にすばらしいお犬さまもいて、それは後日アップしますが、帰りに横瀬町の寺坂棚田に寄ってみました。

棚田の下に立派な駐車場ができていました。トイレもあります。

1部、刈り取られていない稲も残っていましたが、上のほうには、稲架が立っていて、すっかり晩秋の気配です。稲の匂い、いいですね。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017/11/13

【愛犬物語 其の二百九】 東京都檜原村 鑾野御前神社の神宿る岩

171113_1

171113_2

171113_3

171113_4

171113_5

171113_6

171113_7

171113_8


檜原村の御前山への登山口の、車を停められる場所に着いたのは、午前11時過ぎでした。

そこから急坂を上り始めたとき、民家の前でおじいさんに出会いました。

道は間違ってはいないはずなので、一応あいさつ代わりとして、「この道で鑾野御前(すずのごぜん)神社へ行けますか?」と,軽い気持ちで聞いたら、なんと、「こっちからは行けないです」という。昔、炭焼きをしていた時代は行けたそうで、道もあることはあるそうですが、素人は難しいというのです。

それでおじいさんにアドバイスされた通り、湯久保集落の集会所のところから上ることにしました。2kmほど迂回することになります。

おじいさんに聞いてよかった。でなかったら、今回ヴィーノも連れていた俺たちは遭難していたかもしれません。

急坂を上ります。車道の行き止まりに水のタンクがありました。その手前で、ズイキ(イモガラ)を干していた老夫婦に、神社への道を聞いたら、そのまま急坂を直進するとのこと。「まだ30分はかかりますよ」と奥さん。

数分上ると、民家の犬が吠えだしました。ヴィーノを察知したようです。

行き止まりのように見えましたが、民家からおじさんが現れて、神社はここからですと道を示してくれました。猪除けの柵を通って行くので、ちょっとわかりづらい。

おじさんの畑を通り越して2,3分上ると、分岐点に出ました。左手が御前山方面です。そこから約20分。落ち葉がふかふか状態の道を進みます。このあたりはすでに葉っぱが落ちた木も多い。

ようやく鳥居が見えました。神社に到着です。

鳥居から中に入ると、高さ20m以上の垂直の石灰岩がそびえていました。その直下に祀られているのが、今回の目的地の鑾野御前神社です。

神が宿る場所です。七ツ石山もそうでしたが、元々は、この岩がご神体ということでしょうか。特別な岩に見えます。ここに何か神秘的なものを昔の人も感じたに違いありません。ここに神社が祀られたのは、それこそ自然なことだったと思います。

地面から(と言っても、地面も坂なのですが)2mほどのところにごつごつした岩石が重なり合っていて、祠の左右に向かい合って、狼像が鎮座します。

こちらのHPには、台座の文字を、宝暦8年(1758)か?とあります。それが本当だとすると、この「はじめ狛犬」のような可愛らしい石像は、大岳神社の像(宝暦9年(1759))よりも1年古いことになり、年代がわかっているものの中では、関東で1番目に古い狼像になるかもしれません。

その狼像の1段低いところには、高さ20cmほどの小さい像が4体ほど奉納されています。その中の1体は、ちゃんと頭の部分も残っていて、明らかに狼像です。あとの像は壊れているのでよくわかりません。

あまりにも今日は天気が良く、まったく雲がありませんが、かろうじて木々が影を作っています。太陽の光が移っていって、狼像の姿を刻々と変化させます。お犬さまが生き生きと活動する瞬間です。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017/11/12

今日は二十四節気「立冬」、七十二候「地始凍(ちはじめてこおる)」

171112


今日から二十四節気「立冬」の次候、七十二候の「地始凍(ちはじめてこおる)」です。

「大地が凍り始める」などといった意味です。「氷が張る」というのとは微妙にニュアンスが違っているようですが、今日は母子島遊水地から見た筑波山の11月中旬の写真です。

朝は冷えるようになってきました。最近は、ヴィーノが騒ぎ出すので、5時台に散歩に出るときもあります。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017/11/11

モンゴルのスナック菓子「CYMO スモウ」

171111


12日(日)から福岡国際センターで十一月場所が始まります。

白鵬、日馬富士、稀勢の里の3横綱がどういう相撲を見せてくれるのか期待です。とくに白鵬は、横綱勝率で相撲の神様と呼ばれた「双葉山超え」に挑むそうです。

モンゴルのスナック菓子の袋が出てきました。「CYMO(スモウ)」 です。

以前モンゴルへ行ったとき、街の商店で買ったものです。袋を捨てなかったのはかわいらしいキャラクターの絵だったからです。当時、朝青龍が活躍していた時期でした。だから白鵬ではなく、朝青龍がモデルなのかなと思います。

食料品売り場で見つけた菓子ですが、見た目、塩味を期待させるものなのに、口に入れると甘い。ちょっとした「裏切り」を感じました。

2種類ありますが、ひとつはカカオ味、もうひとつはミルク味です。味自体は悪くありませんでした。

 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017/11/10

カズオ・イシグロ著 『日の名残り』を読んで

171110(ヨーロッパのイメージ写真。小説とは関係ありません)


日系イギリス人のカズオ・イシグロ氏がノーベル文学賞を取ったというニュースで、初めてイシグロ氏の名前を知りました。

それで代表作である『日の名残り』(土屋政雄訳 早川書房)を読んでみました。『日の名残り』(The Remains of the Day)は、1989年刊行された小説で、イギリス最高の文学賞ブッカー賞を受賞しました。

難しくて、途中で挫折してしまうかなと思ったら、意外に読みやすく、面白い小説だなと思いました。

ざっと言うと、真面目で優秀な執事の主人公が、新しいアメリカ人の雇い主に勧められて旅をして、最後は自分の人生を振り返るというストーリーです。

この小説はアンソニー・ホプキンス主演で映画にもなっているそうで、そのうち観てみたいと思います。

それで、小説を読み終えて、ある映画を思い出しました。

それは、 『鑑定士と顔のない依頼人』 という映画です。

優秀な美術鑑定士が、美術品については完璧に真贋を見抜くのに、周りにいた人間は、鑑定できなかった(彼らの真の姿を見抜けなかった)という皮肉な結末の映画です。友人と女性にすっかり騙されてしまうのです。

「本物」を「良し」とする鑑定士(権威者)というものが、常識の枠から抜け出せなくなる人間の心理を象徴しているのかもしれません。

『日の名残り』の主人公 執事スティーブンスの場合も、イギリス伝統の「執事」という職業においては、真面目で優秀であるがゆえに、女中頭のミス・ケントンのスティーブンスに対する恋心を理解できなかったり、仕えていた主人がユダヤ人を解雇することにも疑問を持たなかったり・ ・ ・。

いや、恋心をわからなかったわけではなく、「執事はこうあるべき」という枠から抜け出せずに、自分の恋心を押さえてしまったと言うべきでしょうか。このあたりは特になのですが、スティーブンスの語り口が全般的に真面目過ぎて、ユーモアを感じさせる部分でもあります。

最後は桟橋で、イギリスの伝統や、不遇な最期をとげた前の主人、自分の執事人生を振り返り涙するのですが、ただ、主人公は前向きです。

新しい雇い主のアメリカ人の主人に、ジョークを言って笑わそうと計画するのでした。ジョークを言う練習をし、技術を磨くという姿勢が、また真面目なスティーブンスらしいなと思います。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017/11/09

【愛犬物語 其の二百八】 茨城県真岡市 白蛇弁財天の境内末社 三峯社

171109_1

171109_2

171109_3

171109_4

171109_6

171109_5


筑西市の三峯神社撮影のあと真岡市へ向かいました。

ここには白蛇弁財天があって、末社として三峯社が鎮座しているという情報があったからです。

弁天は、古代インドにおける川の女神「サラスヴァティ」で、水神・農業神でした。当社には、2匹の白蛇が住んでいて、吉凶異変があると姿を現したと伝わっています。白蛇は弁財天の使いとも言われているそうで、狛犬ならぬ、狛蛇がお迎えしてくれます。

この白蛇弁財天も、他の銭洗い弁財天同様、本殿の裏側にまわると、池と小さな滝があり、取っ手を付けた網が置いてあります。それにお金を入れて、滝の霊水で洗うと、ご利益があると書いてあります。財布のコインを洗いました。紙幣もOKなんでしょうか。

境内に三峯社があります。小さな祠の前には、これまた小さな、高さが10cmほどの黒いお犬さま像が1対置かれています。台座には「三峯山」とあります。

背中が特徴的なお犬さまですが、色は黒でも、姿は、本山三峯神社のお札のお犬さまよりも、秩父市下吉田 椋神社のお犬さまと似ている気がします。

解説看板「三峯山由来」によると、三峯山社は江戸時代末期、嘉永四年(1851)に創建で、最初は屋敷神として祀られたそうです。

白蛇弁財天神殿の改築と池の整備のため、神殿に合祀されていましたが、末社として新しく建立されたものだそうです。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017/11/08

【愛犬物語 其の二百七】 茨城県筑西市 三峯神社の首長お犬さま像

171108_1

171108_2

171108_3

171108_4

171108_6

171108_5


茨城県筑西市にも三峯神社があり、訪ねると、予想以上にすばらしいお犬さま像に出迎えられました。

神社は小さな公園になっていました。通りかかったおじさんが車の「所沢」ナンバーを見て、

「へぇ~、ずいぶん遠いところから。所沢のどこ? 俺も前住んでたんだよ」

と言いました。この辺の人にとって、埼玉県は隣県にも関わらず、所沢は遠いという感覚なのでしょうか。

遠いか、近いかは、その人の感覚の違いなんでしょうが、確かに、広い関東地方の西の果てに感じないこともありません。筑西市あたりにいると。

今でさえそうなのだから、江戸時代の人にとって、所沢どころか、秩父の三峯神社はかなり遠いところと感じていたでしょう。そこへお参りに行く意味は、だから今とは違っていたと想像できます。

社殿の玉垣前の左右、台座に乗ったお犬さま像は独特のフォームでした。首が長いお犬さまですがバランスが良く、流れるような曲線が美しい。静岡県の春埜山大光寺も曲線が美しいお犬さま像でした。気に入ってしまいました。ところどころ苔むした痕もまたいいですね。歴史を感じさせます。

三脚を立てて写真を撮っていると、たまたま公園に、別のおじいさんがやってきました。

声をかけると、この地区の三峯講の講元を務めている人でした。数年前まで自分で車を運転して秩父の三峯神社を参拝し、お犬さまのお札をいただいて帰り、講員に配っていたそうです。今は、取り寄せて、配るようになったとのこと。

お歳は聞いていませんが、70歳以上と思われ、年齢の問題もあるようです。三峯神社まで出かけるのは負担が大きくなってしまったそうです。それと、

「みんなの信心も薄くなってしまったしね」

という。

そうなんですよね。昔みたいに、火災・盗難除けとしては、今の時代厳しい。でも、信仰は時代とともに変化してきました。

だから、現代版の狼信仰というか、狼信仰に新しい意味を再発見できれば、生きている信仰として存続できるのではないかなと思うのですが。単に、過去の「遺物」「遺跡」となってしまってはもったいないと個人的には思います。

狼像はかなり古いものらしいのですが、おじいさんも詳しくはわからないとのことでした。

おじいさんのお父さんは、戦後すぐに亡くなってしまったので、この像のことを詳しく聞いていませんでした。ただ、

「三峯神社へ行ってお札をもらってきて講員に配ること」

というのが遺言みたいなものだったそうです。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017/11/07

今日は、二十四節気「立冬」、七十二候「山茶始開(つばきはじめてひらく)」

151108_1

151108_2


いよいよ「立冬」です。寒さが苦手な俺としては、あまり嬉しくない季節到来なのです。

今年は夏・秋がなかったような印象です。長雨のせいでしょうか。ここにきてようやく晴れの日もあって、秋だなぁと思っていましたが、暦の上ではもう「立冬」なのですね。

また、七十二候は「山茶始開(つばきはじめてひらく)」です。

山茶花(サザンカ)の花が咲き始めるころという意味です。

ただ、山茶花と椿(ツバキ)は混同されがちだそうで、素人に見分けは難しい。なので、上に掲載の紅白の花が、どっちなのか、正確にはわかりません。

「漢字表記の山茶花は中国語でツバキ類一般を指す山茶に由来し、サザンカの名は山茶花の本来の読みである「サンサカ」が訛ったものといわれる。もとは「さんざか」と言ったが、音位転換した現在の読みが定着した。」(Wiki参照

へ~ぇ。「サンザカ、サンザカ、咲いた道~」ということですか。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017/11/06

【愛犬物語 其の二百六】 茨城県水戸市 八幡神社の「戌歳守護」像と「亥歳守護」像

171106_1
171106_2

171106_3

171106_4

171106_5

171106_6


並木が美しい広い参道を進みます。

本殿は、慶長3年(1598)、水戸城主となった佐竹義宣公により建立され、国指定重要文化財に指定されています。

本殿脇には、御神木の「御葉付公孫樹(おはつきいちょう)」が立っています。黄色い葉と実が落ちていました。

御葉付公孫樹は、樹齢800年、樹高42m、幹周り9mという巨木で、雌木で多数の実を結びますが、稀に葉先に実を生じるところから、この名がついたそうです。葉先に実を結ぶ珍しいイチョウなのですね。

その御葉付公孫樹の左側に犬、右側に猪の像が祀られています。犬は「戌歳守護」、猪は「亥歳守護」とあります。これは、八幡宮が戌・亥歳の守り神であるからだそうです。

「一代守(イチダイマモリ)本尊」(守護仏、守護神)というそうで、生まれた年(十二支)によって、その人の一生涯の守り本尊は決まっています。戌・亥年に生まれた人の「一代守本尊」が阿弥陀如来・八幡大菩薩です。

数年前の写真を見ると、この二つの像だけが拝殿前に祀られていたようですが、今は、御葉付公孫樹の下に移され、また本殿の周りには犬・猪の像以外にも、十二支の像が揃っています。

干支の像が全部揃ってしまうことは「一代守本尊」という意味からしてどうなんでしょうか。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017/11/05

【愛犬物語 其の二百五】 茨城県ひたちなか市 平磯 三峯神社

171030_1(那珂湊)

171030_2(那珂湊おさかな市場)

171030_3(平磯 三峯神社)

171030_4(平磯 三峯神社)

171030_5(平磯 三峯神社)

171030_6(平磯 三峯神社)

171030_7(境内から望む平磯の漁村)


ひたちなか市平磯に三峯神社があると知って、東北からの帰り、寄ってみました。

何度も訪ねている那珂湊おさかな市場から北へ3kmほど行ったところです。おさかな市場では、いろんな海産物が安く買うこともできるし、食べることもできます。江戸時代、那珂湊は水戸の外港として栄えたところです。

今回は北から来たので、ナビを使っていましたが最後のところで迷い、民家前で掃除をしていたおじさんに道を聞きました。

「神社はあるけど、あそこかなぁ。三峯かどうかはわからいけど」

と言われて、行ったところは狭い道の行き止まりで(あとでぎりぎり車が通れるとわかったのですが)、左手には平磯漁村の家並みと、たしかに小さい神社がありました。社殿前には狼像らしいものも見えます。

「これだな」と思い、写真を撮りながら近づいて行ったら、「稲荷神社」と書いてあります。そして狼像と思ったのも、狐像でした。どうもこれではないようです。

車で引き返す時、別なおじさんが歩いてきたので、三峯神社を聞いたら、「三峯かどうかはわかりませんが」と言いながらも、他の小さな神社の場所を教えてくれました。

稲荷神社から北へ120mほどです。車が通れるような道ではありません。昔ながらの漁村の路地で、車を大きな通りに停めて歩いて裏路地へ入りました。すると、左手に続く急な階段があって、鳥居には「三峯神社」とありました。

階段を上って行くと、狭い境内に社殿と、1対の狼像が鎮座しています。境内からは太平洋と密集した民家が建ち並ぶ平磯の様子が一望できます。なかなか風情のある漁村です。

三峯神社というと、「山」のイメージでしたが、漁村の三峯神社は初めてお参りしました。

でも、三峯神社でも聞いた話ですが、江戸時代は、海に関する仕事をしている市場の人や、漁村の人たちも、お犬さまを信仰していて、参拝に訪れていたという話を聞いていたので、こういう所からも行っていたのかと。

それと、去年だったか、糸魚川市でも大火事がありましたが、海辺の集落の建物が密集しているところの火事は怖いものです。火難除けとしても、三峯神社を祀ることになったようです。

神社の創建は江戸時代の文化年間だといいます。調べたら、そのころ(文化4年(1807年))、常陸の国(茨城県)の近海で異国船出没が記録されています。そんな時代背景もあります。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017/11/04

【愛犬物語 其の二百四】 東京都立川市 もしダース・ベイダーが犬を飼っていたら?

171105_1_2

171105_2_2

171105_3_2


フロム中武での「七ツ石山展」を見た後、高島屋の方まで行ってみました。

このあたりに犬像があると、前から気になっていた情報があるからです。

立川駅北口、高島屋の駐車場への入口に犬像があります。他にもファーレ立川周辺には野外彫刻がたくさんありました。

調べたら、この犬像は、「ファーレ立川アート作品」の1作品だとわかりました。

作品紹介のページはこちらに載っています。

『無題』 ゲオルギー・チャプカノフ (ブルガリア)

犬像は、ブルガリア人の作家の作品だそうです。

ゲオルギー・チャプカノフは、社会主義リアリズムを代表するアーティストの一人で、いろんなものを造っていますが、工業廃棄物を利用したスクラップのオブジェなども造っているそうです。

解説文を読む限りでは、立川の鉄屑屋から、昔使われた農機具の残骸を集めて造ったものらしい。犬のフォルムは犬らしいのですが、金属の尖った部分が気になります。黒いので、もしダース・ベイダーが犬を飼っていたらこんな犬だったと思えるような犬像です。

田町のビル前に置いてあるフェルナンド・ボテロの「DOG」、グランちゃんとは違います。こちらは丸々としていて、対照的な犬像です。

このダース・ベイダーの犬像だけでこのアーティストの評価をしてはいけないのでしょう。彼の作品は他にもあります。「羊」です。

犬像と同じように黒い像で、同じく、鉄屑で造ってあるようです。ダース・ベイダーが飼っていた羊、といった像です。

1体だけではよくわかりませんでしたが、何体か見ているうちに、アーティストの「味」が感じられるようになりますね。嫌いではありません。

ファーレ立川周辺は、野外作品の置いていある空間を楽しむには、いいところです。アート作品の横で、親子がベンチに座ってお弁当を食べていたりしました。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017/11/03

「丹波山四季の写真展」と「七ツ石山展」 立川駅前フロム中武で11月2日~7日

171103_1(立川駅前フロム中武)

171103_2(フロム中武3F 「丹波山四季の写真展」「七ツ石山展」)

171103_3(「七ツ石山展」の展示の様子)

171103_4(七ツ石神社)

171103_5(七ツ石神社のお犬さま像)

171103_6(七ツ石神社のお犬さま像)


「丹波山四季の写真展」「七ツ石山展」が同時開催されています。

会場は東京都立川駅前フロム中武3階催事場、会期は11月2日~7日です。

「七ツ石山展」は、今年7月に東京ドイツセンターで展示されたものと基本は同じですが、玉川麻衣さんの狼の絵の新作も展示されています。

「狼信仰」について調べている過程で知った展覧会でしたが、展示されていた佐治多さん撮影の崩壊寸前の七ツ石神社と、壊れかけたお犬さま像に、なんだかよくわからないですが、軽い衝撃をおぼえました。

この魅力に取りつかれてその後、実際に七ツ石山にも登り、神社も参拝したことは以前ブログに書きました。

今月中旬発売予定の「山と渓谷」12月号の「狼信仰を訪ねる旅」にも、この七ツ石神社のことと、丹波山村地域おこし協力隊隊員の寺崎さんのインタビューを載せているのですが、ちょうど昨日、原稿の校了日となりました。

そんなタイミングでの2度目の「七ツ石山展」だったので、昨日初日にさっそく出かけたのでした。会場のフロム中武は立川駅の北側150mほどの大きな交差点にあります。会場には寺崎さんもいらしゃいました。

8月下旬には、七ツ石神社は「七石権現社旧社地」として村指定文化財に登録されました。今、どんな風に神社の再建をするか、お犬さま像をどうするか、検討中とのことでした。

そして、来年雪解けの4月ころに、神社の発掘をするそうです。何か宝物が出てくるのか、あるいは、資料となるものが出てくるのか、楽しみです。俺もこの発掘には立ち会おうと思います。

なお、下3点の写真は展示作品ではなく、青柳撮影のものですが、これが来年再建される七ツ石神社です。なので、こういう形で見られるのは、来年3月くらいまでということになりそうです。
 
 
 
  
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017/11/02

昨日は「十三夜月」、今日は七十二候「楓蔦黄(もみじつたきばむ)」

151025_1

131102


昨日の夜は、旧暦九月の「十三夜月」です。「豆名月」または「栗名月」とも呼ばれます。

「十三夜月」も月が美しいとされて、中秋の名月と両方見るのが良いとされていたそうです。十三夜の月見は、中秋の名月の次という意味でしょか、「後の月見」と呼ばれます。

江戸時代、遊女たちが片方の月しか見ないのを「片見月」「片月見」といって、縁起が悪いと考えていました。遊女に嫌われたくない男たちは、両方見るのに躍起になっていたらしいのです。もっとも、これは遊女たちの営業戦略だったという説もあるらしい。

でも、考えてみれば「十三夜月」を愛でる習慣というのは面白いですねぇ。何?この13番目という中途半端な月は?と、西洋人なら思うかもしれないですが。「不完全の美.」なのです。

そもそも先月の「中秋の名月」も、「満月」とイコールではありません。「中秋の満月」ではないのです。(たまたま満月の年もありますが) どこか欠けているのに、というか、欠けているからこその「名月」なのです。

そして今日は、二十四節気「霜降」、七十二候「楓蔦黄(もみじつたきばむ)」です。

北国や日光などの高い所では「楓蔦黄」で違和感ないでしょうが、まだ南国や里では紅葉にはちょっと早い時期です。

それでも、だんだん涼しくなって、いや、寒くなっていくと、冬が近づいていることを実感します。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2017年10月 | トップページ