« 【愛犬物語 其の二百六】 茨城県水戸市 八幡神社の「戌歳守護」像と「亥歳守護」像 | トップページ | 【愛犬物語 其の二百七】 茨城県筑西市 三峯神社の首長お犬さま像 »

2017/11/07

今日は、二十四節気「立冬」、七十二候「山茶始開(つばきはじめてひらく)」

151108_1

151108_2


いよいよ「立冬」です。寒さが苦手な俺としては、あまり嬉しくない季節到来なのです。

今年は夏・秋がなかったような印象です。長雨のせいでしょうか。ここにきてようやく晴れの日もあって、秋だなぁと思っていましたが、暦の上ではもう「立冬」なのですね。

また、七十二候は「山茶始開(つばきはじめてひらく)」です。

山茶花(サザンカ)の花が咲き始めるころという意味です。

ただ、山茶花と椿(ツバキ)は混同されがちだそうで、素人に見分けは難しい。なので、上に掲載の紅白の花が、どっちなのか、正確にはわかりません。

「漢字表記の山茶花は中国語でツバキ類一般を指す山茶に由来し、サザンカの名は山茶花の本来の読みである「サンサカ」が訛ったものといわれる。もとは「さんざか」と言ったが、音位転換した現在の読みが定着した。」(Wiki参照

へ~ぇ。「サンザカ、サンザカ、咲いた道~」ということですか。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 【愛犬物語 其の二百六】 茨城県水戸市 八幡神社の「戌歳守護」像と「亥歳守護」像 | トップページ | 【愛犬物語 其の二百七】 茨城県筑西市 三峯神社の首長お犬さま像 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【愛犬物語 其の二百六】 茨城県水戸市 八幡神社の「戌歳守護」像と「亥歳守護」像 | トップページ | 【愛犬物語 其の二百七】 茨城県筑西市 三峯神社の首長お犬さま像 »