« 【愛犬物語 其の二百十七】 東京都日比谷公園 「ル-パロマ-ナ」(ローマの牝狼)像 | トップページ | 日経新聞土曜版 NIKKEIプラス1で「犬像ランキング」が掲載されました »

2017/12/22

今日は二十四節気「冬至」、七十二候「乃東生(なつかれくさしょうず)」」

150622(夏至のころの「靫草(ウツボグサ)」、別名「夏枯草(カコソウ)」)


冬至は、北半球では一年のうちで昼が最も短く、夜が最も長くなる日です。

冬至を祝うところは多く、新暦(グレゴリオ暦)の1年の元旦と、クリスマスが、冬至の日に近いことは偶然ではないそうです。

冬至を1年の始まりにした暦がありました。それと、冬至を祝うところは多く、実はクリスマスも冬至祭が起源だという説があります。

「一陽来復」という言葉には、陰の気が極まって陽の気が生じるという意味があり、冬至のことを指す場合があります。「悪いことが続いたあと、ようやく物事がよい方に向かうこと」という意味もあるそうです。(デジタル大辞泉参照)

「二十四節気」の冬至は次の3つの「七十二候」(略本暦)に分かれます。

●初候 乃東生(夏枯草が芽を出す)

●次候 麋角解(大鹿が角を落とす)

●末候 雪下出麦(雪の下で麦が芽を出す)


冬至の対に当たるのが、一年で最も昼が長い日「夏至(げし)」です。そして夏至の初候は「乃東枯(なつかれくさかるる)」で、これも「乃東生」と対になっています。

「乃東」というのは、「靫草(ウツボグサ)」のことで、冬至のころに芽を出し、夏至のころに枯れることから別名「夏枯草(カコソウ)」といいます。写真は夏至のころに撮影したウツボグサ(カコソウ)です。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 【愛犬物語 其の二百十七】 東京都日比谷公園 「ル-パロマ-ナ」(ローマの牝狼)像 | トップページ | 日経新聞土曜版 NIKKEIプラス1で「犬像ランキング」が掲載されました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【愛犬物語 其の二百十七】 東京都日比谷公園 「ル-パロマ-ナ」(ローマの牝狼)像 | トップページ | 日経新聞土曜版 NIKKEIプラス1で「犬像ランキング」が掲載されました »