« 【愛犬物語 其の二百二十八】 埼玉県加須市 長竹遺跡の縄文時代「犬形土製品」 | トップページ | 『ハッピーフライト』を観たらDRD4-7Rがうずきだした »

2018/02/04

今日は、二十四節気「立春」、七十二候「東風解凍(はるかぜこおりをとく)」

_mg_1596


今日は、二十四節気の「立春」です。「春」の初めです。

春に向かうはずなのに、今週また「最強寒波」がやってくるそうで、春を感じられるのはもう少し先になりそうです。

旧年十二月(または閏十二月)の立春を「年内立春」、年が明けてからの立春は「新年立春」といいます。今日の「立春」は「年内立春」です。

旧暦の新年は新暦2月16日からで、今日はまだ旧暦十二月十九日。だから「年内」なのです。

立春と元日が重なるのは珍しく、「朔旦立春」といいますが、1992年にあった以降は、ずっとなくて、2029年までなさそうです。(Wiki参照)

春の初め、「立春」期間中の七十二候は次の通り。

●初候 東風解凍(東風が厚い氷を解かし始める)

●次候 黄鶯睍睆(鶯が山里で鳴き始める)

●末候 魚上氷( 割れた氷の間から魚が飛び出る)
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 【愛犬物語 其の二百二十八】 埼玉県加須市 長竹遺跡の縄文時代「犬形土製品」 | トップページ | 『ハッピーフライト』を観たらDRD4-7Rがうずきだした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【愛犬物語 其の二百二十八】 埼玉県加須市 長竹遺跡の縄文時代「犬形土製品」 | トップページ | 『ハッピーフライト』を観たらDRD4-7Rがうずきだした »