« 【愛犬物語 其の二百四十七】 和歌山県有田川町  明恵上人と子犬像 | トップページ | 【愛犬物語 其の二百四十九】 奈良県王寺町 聖徳太子の愛犬・雪丸 »

2018/04/07

【愛犬物語 其の二百四十八】 和歌山県和歌山市 JR和歌山駅の紀州犬像

_87a1133

_87a1165

_87a1179


和歌山駅の地下街に広場があって、地場産業の紹介をする展示などや、観光案内所がある。

この一角に天然記念物紀州犬の銅像が立っている。

紀州犬の認知度を高めたいと、紀州犬保存会が建てたものだ。

紀伊半島は地犬の宝庫だった。熊野犬、太地犬、那智犬、日高犬などがいた。紀州犬とは、これら地犬の総称だそうだ。

紀州犬は、主に猟犬として飼われてきたが、最近は、狩猟人口の減少で、家庭犬として飼われている。足ががっしりしていて、優秀な猟犬に見える。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 【愛犬物語 其の二百四十七】 和歌山県有田川町  明恵上人と子犬像 | トップページ | 【愛犬物語 其の二百四十九】 奈良県王寺町 聖徳太子の愛犬・雪丸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【愛犬物語 其の二百四十七】 和歌山県有田川町  明恵上人と子犬像 | トップページ | 【愛犬物語 其の二百四十九】 奈良県王寺町 聖徳太子の愛犬・雪丸 »