« 高畑勲監督がなくなりました。ご冥福をお祈りします。 | トップページ | 【愛犬物語 其の二百五十一】大阪府岸和田市 大山大塚遺跡公園 捕鳥部萬の白犬墓  »

2018/04/09

【愛犬物語 其の二百五十】大阪府泉佐野市 犬鳴山七宝龍寺 義犬塚

_87a1188

_87a1262

_87a1197

_87a1200

_87a1234


大阪府泉佐野市犬鳴山七宝滝寺の義犬塚を訪ねた。

犬鳴山の中腹に建つ真言宗犬鳴派の本山だ。うっそうとした森の中にある寺で、護摩壇の正面に立つ高さ7mの身代わり不動に圧倒される。

義犬塚は、本堂とは離れた渓谷沿いにあった。「犬鳴山」という名の由来もこの義犬の伝承に由来する。

その伝承を犬鳴山七宝滝寺のHPから要約すると、

紀伊の猟師が犬を連れて一匹の鹿を弓で狙っているとき、急にけたたましく吠えだしました。犬の鳴声におどろいた鹿は逃げてしまい、獲物を失った猟師は怒って、腰の山刀で吠え続ける愛犬の首に切りつけました。犬は切られながらも飛び上がり、木の上にいた大蛇の頭に噛みつき、猟師を助けて大蛇と共に倒れました。
猟師は、自分の命を救って死んだ愛犬の死骸をねんごろに葬り、七宝瀧寺に入って僧となり、永く愛犬の菩提を弔いつつ、安らかに余生をすごしたと語り伝えられています。

伝承は小白丸型。犬塚は、急な壊れかけた階段があるが、崩れるのが怖いので、脇の方から登った。落ち葉を踏みしめ、斜面に陣取りながら犬像を撮影した。

犬像は立派で独特な姿だ。空を見上げている。無念さの表現なのだろうか。筋骨隆々とした体つきで狼のようでもある。それにしてもかなりインパクトある犬像だ。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 高畑勲監督がなくなりました。ご冥福をお祈りします。 | トップページ | 【愛犬物語 其の二百五十一】大阪府岸和田市 大山大塚遺跡公園 捕鳥部萬の白犬墓  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高畑勲監督がなくなりました。ご冥福をお祈りします。 | トップページ | 【愛犬物語 其の二百五十一】大阪府岸和田市 大山大塚遺跡公園 捕鳥部萬の白犬墓  »