« 【愛犬物語 其の二百四十九】 奈良県王寺町 聖徳太子の愛犬・雪丸 | トップページ | 【愛犬物語 其の二百五十】大阪府泉佐野市 犬鳴山七宝龍寺 義犬塚 »

2018/04/08

高畑勲監督がなくなりました。ご冥福をお祈りします。

160206


「火垂るの墓」や「アルプスの少女ハイジ」などの名作を手掛けたアニメーション映画監督の高畑勲さんが亡くなりました。

2013年の『かぐや姫の物語』 は監督の好きな作品でした。

不老不死の月の世界が、けっして「生きる」ことを実感させない世界として匂わせている、と感じました。

だから月(理想郷)に生きる人(神?仏? 完全なる者)たちとの対比として、かぐや姫は、地上(現実世界)に生きる生々しい人間(不完全なる者)として描かれていました。

月に生まれたかぐや姫が、月からすればどうしようもない地上に「生きる」ことを見つけ、ここに残りたくなった、でも残れないという葛藤は切なくなりますね。

とくに、その内面が現れていたのは、屋敷から抜け出すシーンです。まるで殴り描きのような絵が画面を疾走する感じが、とてもよかった。「なんだこれはー!」という斬新な表現。「生きる」を感じさせます。

高畑勲監督は、肺がんだったそうです。享年82歳でした。

ご冥福をお祈りします。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 【愛犬物語 其の二百四十九】 奈良県王寺町 聖徳太子の愛犬・雪丸 | トップページ | 【愛犬物語 其の二百五十】大阪府泉佐野市 犬鳴山七宝龍寺 義犬塚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【愛犬物語 其の二百四十九】 奈良県王寺町 聖徳太子の愛犬・雪丸 | トップページ | 【愛犬物語 其の二百五十】大阪府泉佐野市 犬鳴山七宝龍寺 義犬塚 »