« 【愛犬物語 其の二百六十二】 福岡県筑後市 羽犬の像と塚 | トップページ | 今日は、二十四節気「立夏」、七十二候「蛙始鳴(かわずはじめてなく)」 »

2018/05/04

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」 イコモスが登録が適当と勧告

_87a3651(大浦天主堂)

Img_6064(大浦天主堂)

_87a3822(出津教会堂)

140926_1(崎津協会)

_87a4012(春日集落と棚田)

_87a4092(安満岳北麓の山野教会)

_mg_7330(原城跡)


世界文化遺産に推薦されていた「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が、国際記念物遺跡会議(イコモス)によって「登録が適当」とユネスコに勧告されました。

「登録が適当」なので、おそらく正式に登録されることになるでしょう。

世界遺産の構成要素は12カ所ありますが、その中で訪ねたことがあるのは、次の5カ所です。


大浦天主堂: ゴシック調の国内現存最古の教会堂

外海の出津集落: ド・ロ神父が私財を投じて建てた出津教会堂

天草の﨑津集落: 潜伏キリシタンがカトリックに復活した地、畳敷きの崎津教会

平戸島の聖地と集落(春日集落と安満岳): 潜伏キリシタンの様相をとどめる集落

原城跡: 島原・天草一揆の舞台
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 【愛犬物語 其の二百六十二】 福岡県筑後市 羽犬の像と塚 | トップページ | 今日は、二十四節気「立夏」、七十二候「蛙始鳴(かわずはじめてなく)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【愛犬物語 其の二百六十二】 福岡県筑後市 羽犬の像と塚 | トップページ | 今日は、二十四節気「立夏」、七十二候「蛙始鳴(かわずはじめてなく)」 »