« 【愛犬物語 其の二百六十一】 長崎県松浦市 人柱観音供養塔と白犬之塚 | トップページ | 「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」 イコモスが登録が適当と勧告 »

2018/05/03

【愛犬物語 其の二百六十二】 福岡県筑後市 羽犬の像と塚

_mg_0114

_87a0313

_87a0299

_87a0280

_87a0164


「羽犬塚」は古くから宿場町として栄え、その地名の由来は400年前から続くふたつの伝説にあります。

どちらも犬を塚に葬ったというのが由来ですが、ひとつは、天下統一を目指す豊臣秀吉の行く手を阻んだ羽犬が仕留められたという説と、秀吉の病死した愛犬が羽が生えたように素早かったという説などがあります。

羽犬の像は前著『全国の犬像をめぐる』でも取り上げましたが、次回『犬像をめぐりあるく(仮タイトル)』でも、違う写真を2点だけ載せる予定です。「ユニークな犬像」のカテゴリーを作ったので、そこに入ります。

筑後船小屋駅には、新しいからくり時計にも羽犬像が取り入れられていました。可愛い白い羽犬が時間が来ると出てきます。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 【愛犬物語 其の二百六十一】 長崎県松浦市 人柱観音供養塔と白犬之塚 | トップページ | 「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」 イコモスが登録が適当と勧告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【愛犬物語 其の二百六十一】 長崎県松浦市 人柱観音供養塔と白犬之塚 | トップページ | 「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」 イコモスが登録が適当と勧告 »