« 十和田湖・奥入瀬渓流から仙北市上桧木内 | トップページ | 宮城県村田町の伝統的建造物群保存地区と白鳥神社 »

2018/05/27

【愛犬物語 其の二百六十七】 岩手県大槌町&遠野市 オイノ祭りと三峯神社

_87a3618

_87a3596

_87a3604

_mg_2321


秋田県仙北市の上桧木内から盛岡市を経由して、岩手県大槌町と、遠野市へ。

大槌町の山間部金沢地区には、昔、「オイノ(狼)祭り」があったと聞いていました。もう何もないのかなと思ったら、オイノ祭りの「山の神」と「三嶺山」の碑、「三峯大権現」の碑が残っていました。

そして住民に聞いたところでは、昔のオイノ祭りは2月19日に行われて、各家が当番で料理を作り食事に招いていましたが、今は、19日前後の日曜に、祭りという形ではなく、寄り合いという形の集まりはやっているそうです。

まったく狼信仰(とは言っても、このあたりは祟り神としての狼であったようですが)がなくなってしまったわけではなく、形を変えても、続けていることに感動します。

大槌町の金沢地区から県道で山越えし、遠野市へ向かっている途中、道路脇で、ヴィーノのオシッコをさせていたら、なんとGoogle Earthの撮影自動車が通過していきました。

もしかしたら、そううち、俺とヴィーノのオシッコ姿が、ストリートビューに載るのかな。

遠野市では、三峯神社を訪ねました。管理している家では、毎年年末に掃除して、お神酒、餅、みかん、油揚げ、生卵をお供えするそうです。

林の中に屋根掛けされた社があり、その中に、1対の狼像がありました。歯の表現がリアルです。高さは20cmと小さいのですが、存在感のある狼像でした。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 十和田湖・奥入瀬渓流から仙北市上桧木内 | トップページ | 宮城県村田町の伝統的建造物群保存地区と白鳥神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 十和田湖・奥入瀬渓流から仙北市上桧木内 | トップページ | 宮城県村田町の伝統的建造物群保存地区と白鳥神社 »