« 【愛犬物語 其の二百七十九】 長崎県雲仙市 名犬矢間の墓 | トップページ | 今日は、二十四節気「芒種」、七十二候「梅子黄(うめのみきばむ)」 »

2018/06/10

「紀州のドン・ファン」の愛犬イブは、主人の殺人を証明するのか

161119_2(茨城県五浦海岸 忠犬ジョン之碑)

161119_3(茨城県五浦海岸 忠犬ジョン之碑)

161119_4(茨城県五浦海岸 忠犬ジョン之碑 碑文)


愛犬が主人の殺人を証明するのでしょうか。

「紀州のドン・ファン」こと、和歌山県田辺市の実業家・野崎幸助さんが急性覚せい剤中毒で死亡した件です。

野崎さんの愛犬イブも苦しんで死んだので、その原因を探るため、イブの死骸が掘り起こされて、専門機関に運ばれたそうです。

覚せい剤反応が出るのでしょうか。それが野崎さんの体内の覚せい剤成分と一致するのでしょうか。もし一致すれば、野崎さん自身の殺人が、さらに疑われることになります。

これは、愛犬が、主人を助けたという話にもなりそうです。

すでに、イブの像が造られています。テレビのニュースで見ました。さすが、純金の犬像で、これほど高価な犬像は、日本で、いや世界でもイブの像だけかもしれません。

犬が毒殺されたという話を聞くと、茨城県北茨城市の五浦海岸の忠犬ジョンを思い出します。忠犬ジョン之碑は六角堂を見下ろす高台の松林の中にあります。

台座に刻まれた碑文を要約すると、こんな感じでしょうか。

ジョンは賢くてとてもいい番犬だったので、それをねたんだ人に農薬を盛られ、死期をさとったジョンは主人の枕元で息絶えました。

憐れに思った主人は風光明媚なこの地にジョンを葬りました。

その後、忠犬のおかげなのか、花咲か爺さんのような幸運が舞い込みました。

忠犬ジョンの勇姿に接する人には、福が訪れるとのこと。この墓地を詣でて、ジョンの加護を受けましょう。

とあります。

碑が建てられたのは昭和30年(1955年)11月です。

「いい番犬」とあるので、吠えることは吠えたんでしょう。農薬を盛った犯人は、何度も吠えられたのかもしれないですね。もしかしたら、物色していた泥棒だったかもしれません。

碑文に「花咲翁」を持ち出しているのは意味深です。

この昔話を持ち出した飼い主の思いを想像してしまいます。犯人に、報いがあると、警告しているようでもあります。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 【愛犬物語 其の二百七十九】 長崎県雲仙市 名犬矢間の墓 | トップページ | 今日は、二十四節気「芒種」、七十二候「梅子黄(うめのみきばむ)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【愛犬物語 其の二百七十九】 長崎県雲仙市 名犬矢間の墓 | トップページ | 今日は、二十四節気「芒種」、七十二候「梅子黄(うめのみきばむ)」 »